ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月10日

レバークーゼン、ボスニア期待の若手獲得か

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レバークーゼン|ボスニア・ヘルツェゴビナからの情報によれば、バイヤー・レバークーゼンは、サミール・ラドヴァツの獲得に迫っている模様。移籍金は約100万ユーロとみられる。




Samir Radovac
同国期待の若手は、19歳ながらリーグ首位を走るFKサラエボの主力として出場。

U21代表にも選出されており、ボランチ、さらに攻撃的ポジションでもプレーが可能だ。

すでに選手、クラブ間でも移籍で合意に達しているようだが、しかし獲得時期が今冬となるのか来夏となるかについてはオーナーの判断に委ねることになるとのこと。

若手選手を獲得し、レンタルなどして育成する手法はこれまで、ポーヤンパロ、ユルチェンコ、リュウなどでもすでに行ってきた。

kicker.de
最近のレバークーゼン関連記事




  • ブンデスリーガ・各チーム情報