Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月09日

カンプル「僕はボランチかトップ下」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レバークーゼン|金曜日に25歳の誕生日を迎えるケヴィン・カンプル。しかしこの日に欧州選手権予選を戦うスロベニア代表を助けることはできない。「1回ファウルをして、もう1回は不満を口にして、警告2枚で出場停止さ」とカンプルは語った。




Kevin Kampl
今夏に復帰したレバークーゼンでは、確かに勝ち点を取りこぼした部分はあるものの、決して全てが悪いとは考えていない。「最近のタフなスケジュールの中で見せたアウグスブルク戦でのパフォーマンスは良かったと思う。確かに残念な形で失点してしまったけど、でも得点を決められなかった以外は素晴らしいものをみせられた」

レバークーゼン復帰して以降、カンプルの世界は大きく変わった。

「とてもよく受け入れてもらったし、この状況をうれしく思っている。プレーができて楽しいよ」

1月にもレバークーゼンは同選手の獲得を模索したものの、スロベニア代表MFはドルトムント入りを決意。だがそのドルトムントでは互いにとってすれ違いという結果に終わっている。

「僕は1番スピードのある選手というわけではない。むしろボールを持って、解決策をみつけるタイプ。ベストはボランチかトップ下だよ」

中央での状況の打開と積極的なディフェンス。それがレバークーゼンではここまでいうまくいっているところだ。「多くプレーできることはもちろんうれしいさ」

ブレーメン戦でマークしたブンデス初得点のボールは、自宅にその時プレーした選手達とのメッセージつきで飾っているというカンプル。

次節はハンブルクとのアウェイ戦が控えている。

Roberto Hilbert
ヒルベルトが長期離脱へ

レバークーゼンにショッキングなニュースが届いた。木曜日にロベルト・ヒルベルトが左ひざを手術。「少なくとも今年の終わりまで」離脱することがクラブ側より発表されている。

確かに代役候補としては、大腿筋の負傷から復調したティン・イェドヴァイが控えているものの、数ヶ月の離脱明けとあってシュミット監督は徐々に組み込んでいきたいと考えているところだ。

さらに今季はベテラン選手の不在がピッチで感じられており、ここまで先発として出場してきた31歳の離脱はこの部分でも損失といえる。

kicker.de
最近のレバークーゼン関連記事




  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker