Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月08日

アオゴ、ブライテンライター監督に賛辞

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャルケ|デニス・アオゴが今季からチームを指揮するブライテンライターに対して賛辞を贈った。




André Breitenreiter und Dennis Aogo
「監督にとって、選手に要望することと、選手の要求に応えることはとても難しい判断だ。でもそれをとてもうまくやっていると思う。僕たちはとてもハーモニーをもって取り組むことができているよ」

その結果は数字に表れている。国内外で好調な戦いぶりを見せているシャルケは、最近7試合で6勝。その間には5試合連続の完封試合も記録した。

確かにクラブの方針もあり思うようなメンバーを揃えることは叶わなかったが、ブライテンライター監督はこの状況を、全ての選手にチャンスがあるようにしたいと考えており「どの選手だって重要なんだ」とコメント。

確かにこれは、どの監督もとりあえず口にする言葉ではあるが、アオゴは「まだ先発にはないとみられる選手も、起用されたときには見事にタスクに取り組むことができている」と手応えを口にする。実際にアオゴ自身、さらにフンテラールさえも先発から外される試合を経験した。

ハンブルク戦の前にそのことを聞いたというフンテラールは「休みなんていらないさ、それは引退後でいいと伝えたよ」とコメント。だがそのあとには、笑顔を浮かべている。

つまりブライテンライター監督は、このような難しい決断にあってもリスクをかけることなく、チームに良い雰囲気をもたらすことができているということだ。


kicker.de
最近のシャルケの関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker