Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月07日

G.ミュラー氏、アルツハイマーに

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルン|バイエルン・ミュンヘンは、『ボンバー』の愛称で親しまれているレジェンド、ゲルト・ミュラー氏がアルツハイマーを患っていることを発表。まもなく70歳の誕生日を迎える同氏は、2月から治療を受けており、公の場には姿を現さないこと、そしてメディアに家族への配慮を訴えた。



Gerd Müller
W杯、そして欧州選手権でも優勝を果たしたミュラー氏は、母国のミュンヘンにて行われた1974年のW杯決勝で、オランダ代表から決勝ゴールを奪うなど活躍。ドイツ代表として68試合に出場し、62得点をマークした。

バイエルン・ミュンヘンでは4度のリーグ優勝と4度のDFBポカールを達成し、ブンデス通算365ゴール(427試合)と、1971/72シーズンに記録した40得点は、いまだ破られていないブンデス記録である。
kicker.de
最近のバイエルン関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker