Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月07日

苦しい時期が続くドルミッチ

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グラードバッハ|2シーズン前のニュルンベルク時代の後半戦で活躍を見せ、17得点をマークしてレバークーゼンへと移籍したヨシプ・ドルミッチ。だがシュミット監督下でも、今夏に加入した同国出身ファヴレ前監督下でも、さらにシューベルト暫定監督下でも苦しい時期が続いている。




Josip Drmic
今夏の目玉として、移籍金1000万ユーロで加入したスイス代表FW。しかしここまでは先発2試合、途中出場3試合にとどまっており、いまだ無得点0アシストのままだ。

それでも9月の代表戦では、途中出場から2得点をマークしてチームの逆転勝利に貢献。当時エベールSDは「自信を得たことは素晴らしい。チームも恩恵を受けられるだろう」と期待を口にしていた。

しかしドルミッチの状況は変わらない。シューベルト監督はトップにはラファエルとシュティンドルを起用し、ここまでは良いパフォーマンスを示している。

そしてドルミッチはこれから再び、シャカ、ゾマーと共にスイス代表へと参加。サン・マリノ、そしてエストニアと対戦する。
kicker.de
最近のグラードバッハ関連記事



  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker