Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月06日

ロジャーが離脱、コーエンは復調

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インゴルシュタット|フランクフルト戦でホーム初勝利を手にしたインゴルシュタット。だがこの試合でボランチのロジャーが負傷交代、左膝の内側副側靭帯を損傷し、これから離脱に入ることが明らかとなった。



Luc Castaignos, Roger und Alex Meier
2012年に加入して以来、欠かせない存在としてチームを牽引してきた同選手。1 部昇格を果たした昨シーズンは、累積警告による1試合の欠場以外、全試合で出場を果たしていた。

しかし今回の負傷により、4〜6週間の離脱を余儀なくされることとなる。

だからこそ新加入のブレジェリーがここで脚光を浴びたことに、ハーゼンヒュットル監督も大きな喜びを見せいているところだ。「彼は土曜日の試合ではトップフォーマンスを見せていたね。」

さらにボランチでは、9月中旬に内側副側靭帯を負傷したアルモグ・コーエンも復調、代表戦明けはまだ厳しいが、その次のヘルタ・ベルリン戦では復帰を果たせる見込みだ。
kicker.de
最近のインゴルシュタットの関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker