Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年10月05日

採点、コメント:インゴルシュタット2−0フランクフルト

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガ|10月3日の日本時間22時30分(ドイツ時間15時30分)から行われたブンデスリーガ第8節、インゴルシュタット対フランクフルト戦の試合後コメントや写真、この試合のマン・オブ・ザ・マッチやkicker採点を掲載。




MOM:マルヴィン・マティプ
 

 先発(kicker採点つき)

FCインゴルシュタット
Ralph Hasenhüttl監督:ハーゼンヒュットル
チャンスを常に作り出せるという雰囲気がある。今日は報われる結果になったし、みんなとても喜んでいるよ。消耗戦になることはわかっていた。ただ開始当初は少し軽快さに欠けてしまったがね。
… ホームで1部初得点、初勝利
ここまで精力的にプレーし、そして結果もついてきた。あの得点したときは、みんなにとって本当に嬉しい瞬間だったよ。みんなによる素晴らしいパフォーマンスだった。勝ち点3に決してふさわしくなかったものではなかったし、もちろんこれは我々に好影響をもたらしてくれるものだよ。

私から見れば1−0だって最高の結果だったのだが。2−0で勝利するなんて、なんて選手達に声をかければいいのだろうね?

Stefan Lex
Stefan LexFW:シュテファン・レックス
… 途中出場から今季初得点
とにかくほっとしたよ。もちろんFWとして最初の得点というのは熱いものさ。ちょっと運もあったけどね。
これで呪縛から解き放たれたよ。これからもゴールを決めていきく。確かにそれは難しいことではあるのだけれど。

Pascal Groß
Pascal GroßMF:パスカル・グロス
とても激しい戦いだった。でも一度リードを奪ったら、僕たちは素晴らしいディフェンスを見せることができるんだ。
ゴールが決まったときはとにかくうれしかったね。
Benjamin HübnerCB:ベンヤミン・ヒュブナー
素晴らしい日だよ。

… 親子対決を制した
どの勝利だって素晴らしいものさ。別にそこに父親は関係してこないよ。

どんな勝ち点んだって、残留のために重要なものなんだ。
ただ自分が得点を決めきれなかったのは残念だったけどね。

たぶん、あまりにいいことが起こりすぎてたのかな。
Luc Castaignos und Benjamin Hübner (re.)
アイントラハト・フランクフルト
Armin Veh監督:フェー
決していい1日だったと言えるようなものではなかったよ。
Marco RussCB:マルコ・ルス
自分たちが見せてしまったパフォーマンスに愕然としたよ。明らかに劣勢だった。
こんなパフォーマンスでは不安になっても仕方がない。とにかく目を覚まさないと。
CEO:ブルーフハーゲン
90分間プレッシャーをかけることができなかった。そしてこれといった策も見出せなかった。
… 長谷部を早々に交代
一人に選手に責任を押し付けることに意味などないよ。
ただセフェロヴィッチの穴埋めは、我々はまったくできていないがね。
これから2週間ある。ここで我々はとりくんでい行かなくては。決して満足などできない。失望を抱えているよ。
SD:ヒュブナー
今回の敗戦にはいら立ちを覚える。説明の難しいパフォーマンスを見せてしまった。
今は順位表の上を見ることなど許されないよ。

… 親子対決だった
ベンヤミンは素晴らしいプレーを見せていたし、インゴルシュタットはふさわしい形で勝利を収めていた。

Hatte nicht "seinen besten Tag": Frankfurts Toptorjäger Alex Meier, hier links gegen Ingolstadts Torhüter Özcan.

写真で見る:インゴルシュタットvsフランクフルト
FC Ingolstadt 04 - Eintracht Frankfurt 2:0


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker