ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月29日

ラソガ、肩を脱臼か

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンブルク|ブレーメンとの北部ダービーに臨んでいるハンブルガーSVだが、前半24分にピエル=ミヘル・ラソガが肩を負傷、そのまま交代を余儀なくされた。
Lasogga
開始3分で先制点を決め、この上ない出だしをみせたハンブルク。そのイリチェヴィッチのゴールをアシストしたFWラソガが、前半24分のユヌゾヴィッチとの対人戦で右肩を負傷。
痛みで顔を歪め、そのままピッチを後にしている。同選手の代わりにはシップロックが投入され、今の所はまだ最終的な診断結果は出されていないが、どうやらラソガは肩を脱臼した模様だ。
kicker.de

ハンブルク関連記事



  • ブンデスリーガ・各チーム情報