ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月28日

最初のDF、レッキーが復帰

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インゴルシュタット|出場停止から明け、週末のハノーファー戦から復帰を果たすマテュー・レッキーについて、ハーゼンヒュットル監督は「休養期間が、彼に好影響を与えたね。またホットになっているよ」と期待感を口にした。




Mathew Leckie
ここまで出場した12試合で、282回というブンデストップの対人戦数を誇るオーストラリア代表FW。最前線で最初のDFとして奮闘するレッキーの復帰に、指揮官は喜びを見せている。

「チーム内でスプリント数でも最高の選手なんだ。彼が守備でみせるその精力さは見事なものだよ。ここで彼はそれに取り組み、そして大きなストロングポイントとなっている。そして彼がディフェンスでみせる対人戦での強さは、うちにとにかく好影響をもたらしてくれるものだよ」

前節では出場停止のために欠場を余儀なくされたレッキー。

だがその前の代表戦期間では、中耳炎により代表参加を辞退しており、のべ3週間戦線から離脱することとなった。

そして再びエネルギーを蓄えたレッキーは、今節からまた積極的に対人戦へと臨んでいくことだろう。
kicker.de
最近のインゴルシュタットの関連記事