ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月28日

シュテンデラにも欠場の危機

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フランクフルト|離脱者が続く中で、風邪を患っていたアイグナーの復調が伝えられたフランクフルト。しかしその一方で今度は、マーク・シュテンデラに欠場の可能性があることが明らかとなった。



Marc Stendera
ここまでフランクフルトの選手としてkicker採点平均最高点をマークしている同選手。しかし練習中に内転筋を負傷しており、フェー監督は「マークはとても重要な選手だ。マインツ戦でもとても当然必要だよ」と述べている。

フランクフルトでは先日カステグノスが足首の手術を受けており、ルスは大腿筋の負傷で離脱。さらに膝蓋腱炎を抱えるライナルツについて、フェー監督は「不参加となるだろう」との見方を示した。

加えてザンブラーノ(軽い発熱)、そして長谷部誠(恥骨炎)の出場についても、指揮官は「最終調整で判断する」とだけコメント。

ここにきて離脱者が相次いでいるが、フェー監督は「ぼやく気はない。それでは何にもならない。ただメリットを挙げるなら、相手はうちがどんな形でくるかみえないことだね」と語っている。
kicker.de

フランクフルト関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報