ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月28日

シェアー「失うものはない」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホッフェンハイム|今夏にバーゼルから加入するも、途中でビチャクチッチに先発の座を明け渡してしまったファビアン・シェアー。監督交代で心機一転、アピールをしたいスイス代表は、これまでの戦い、先発争い、そしてグラードバッハ戦についても語った。




TSGホッフェンハイム
Fabian SchärCB:ファビアン・シェアー
… 苦戦が続く
負の連鎖から抜け出すのはなかなか難しいものだよ。僕たちはできるだけ早く、自信を回復していかないと。

… 今節は好調グラードバッハ戦
僕たちはとにかく勝ち点が必要だ。相手が例え絶好調にあって、自信満々で臨んでくるとしてもね。僕たちは練習ではちゃんとできているし、それをピッチで見せられればチャンスはあると思う。

… ステフェンス新監督について
彼はこの状況を誰よりも知っている人物だ。何をすべきか、どう立て直していくかをよくわかっていると思う。

ステフェンス監督の下で、この本来ふさわしくない状況から抜け出したいよ。僕たちにはクオリティがある。それを示さなくてはならないんだ。

… ここまでの戦いについて
今まで見せてきたものを振り返ると、辛いものがあるよね。ベルリン戦ではとてもうまく戦えたし、相手をほぼ試合に入らせるようなこともなかったんだ。あれを90分間見せ続けられていれば、僕たちは勝者にもなっていたと思う。

… 自身にとって先発のチャンスは?
それは僕にはどうしようもない。でももちろん、それを希望しているし、全力を尽くすよ。
"Wir müssen das Selbstverständnis wiederfinden": Hoffenheims Fabian Schär, hier rechts gegen Werders Ujah.
kicker.de

ホッフェンハイム関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報