ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月27日

今冬での移籍を考えないローデ

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルン|前半を3−0で折り返し、最終的に4ー0と解消を収めたバイエルン・ミュンヘン。しかしこの試合でも、セバスチャン・ローデに出場機会が巡ってくることはなかった。
Sebastian Rode
「7週間負傷をしていたんだから、こういうことも考えておかないと」
今季ここまで出場した試合はリーグ戦2試合。第5節のダルムシュタット戦で1得点1アシストをマークして以降、大腿筋を負傷してからここまで欠場が続いている同選手。
「でも負傷がなければ、よく出場することはできていたさ」
そう語るMFは、今冬の移籍については否定的な見方を示した。
「移籍はプランにないし、クラブも僕のことを考えてくれていると思うよ」
バイエルンとの契約は2018年まで。
Im Mittelpunkt: Bayerns Vorstandschef Karl-Heinz Rummenigge.ルメニゲ「入れ替わりはあるもの」
ボアテング、アラバ、ノイアー、ミュラーらとの契約延長を目指しているとみられるバイエルンだが、ルメニゲCEOは「時間はかかるものさ。2・3日でまとまるような話ではない」とコメント。「しかし我々が残留を望み、そして来夏に移籍したいと思っている選手はいないと確信している。」
なおグアルディオラ監督との契約は今季までとなっているが、ルメニゲ氏は「彼とは前半戦終了後に話し合うことを約束している。夏から続いている話題だし、リラックスしているよ」と述べる一方で、「選手は来たり出て行ったりするもの。監督だって同じことさ」との考えも示している。
kicker.de
最近のバイエルン関連記事