ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月27日

シュティンドル「運ではない」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グラードバッハ|今年最後のセビージャとの試合で、これまで続いた3連敗の借りを返したグラードバッハ。ゴールを決めたシュティンドルは勝利への喜びを見せ、監督交代からの好調に「正しい判断だったと思う」との考えを述べている。



ボルシア・メンヒェングラードバッハ
Lars StindlMF:ラース・シュティンドル
勝利を収めることが目標だった。でももちろん、特別な夜にもなったね。
あの形での得点は決して珍しいものではない。ただうまく決まってうれしいよ。
セビージャのプレースタイルもあったんだけど、距離があってもシュートを打とうと思っていたんだ。スペースがないのでね。
ただあんなにも深く構えることは考えていなかったよ。でもうまく試合をコントロールすることができたし、ポジショニングもよかった。それでシュートまで持ち込むことができたんだ。
何よりこの試合では勝つことが目標だった。この1年セビージャに3回負けていたしね。ただ3−0としたところで少し気がぬけて、1−3とすぐにされてしまった。ただセビージャを交わすことができてうれしいよ。マンチェスター・シティ戦に向けての勇気になるね。
次のホッフェンハイムが抱える問題はわかっているけど、でもステフェンス監督の手がかかっているんだ。難しい試合になるよ。しっかりと回復して臨まないと。
その次のバイエルンは、今は完全無欠という感じだね。それは国内外でいることだよ。でも苦しめさせたいし、勝利をおさめたいと思うよ。
僕たちはとても難しいシーズンの出だしを過ごしたけど、落ち着きを失うことはなかった。クラブにとっていい判断を下したと思う。このポジティブな流れはうれしいよ。でも運ではなく、ハードに取り組んできたからさ。
Ein besonderer Abend: Lars Stindl jubelt über seinen Doppelpack gegen Sevilla.
kicker.de
最近のグラードバッハ関連記事



  • ブンデスリーガ・各チーム情報