ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月25日

敗戦から学んでいきたいダルムシュタット

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダルムシュタット|昇格組ながらここまで健闘を見せてきたダルムシュタット。しかし最近4試合ではわずか勝ち点1しか稼げず、週末の昇格組対決ではミスから逆転負けを喫した。





György Garics
このことについて、右SBのガリッチは「普通ならもっとクレバーにプレーするんだけど。でも愚かな形で失点を重ねてしまったよ。集中して守っていれば、あんな失点は起こらないはずなんだけど。ここから学ばないと」とコメント。

またシュスター監督も同じ見解を示した。

「これ以上ない形で試合を始めたというのに、残念ながらプレーをおざなりにしてしまったよ。ちゃんとサッカーをして、ちゃんとボールを奪ってから繋いでいかないと。全力は尽くせているのだが、2分間で2つの余計なミスをしてしまった。ここからしっかりと学んでいかなくてはならない」

ただしこれまでダルムシュタットでは、第2節のホッフェンハイム戦(0−0)後の強豪レバークーゼン戦で勝利、さらにマインツ戦での敗戦後にはアウグスブルク戦で勝利、加えてヴォルフスブルクに敗戦した後のポカール2回戦ハノーファー戦での勝利など、これまで敗戦から立て直しを図り連敗を避けてきた。

今回もインゴルシュタット戦で露呈したミスを修正し、週末のケルン戦でリアクションを見せたいところだ。
kicker.de

最近のダルムシュタット関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報