Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月25日

ハンブルク OBが過度な期待に警鐘

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンブルク|自叙伝出版に際し、月曜日にリューベックを訪れたホルスト・フルベシュ氏が、現在監督を務めるブルーノ・ラバディア監督について語った。



HSV-Legende Horst Hrubesch bei der Vorstellung seiner Biographie, im Hintergrund Günther Netzer.
かつてハンブルクで159試合に出場し、96得点を挙げた元ドイツ代表FWは「ハンブルクは今季は降格の危機に瀕しないようにみえる」と評価。「再びいい方向へと向かっているが、今はしっかりと地に足をつけておかないといけないと」とも語った。

またこのイベントに出席した元マネージャーのギュンター・ネッツァー氏は「ラバディア監督がボタン1つで変えられるような期待を抱いてはいけない」と警告。「非常に危険な時に、重要なところに取り組んだ。しかし大きなことを望むのは良くない。今は中盤につけられていることへの喜びを感じることだ」との見方を示している。

なお負傷により欠場が続くアーロン・ハントだが、水曜からチーム練習復帰が見込まれているところだ。


kicker.de

ハンブルク関連記事



  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker