ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月24日

成長を感じるシュマッケ氏

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケルン|マインツ戦でも無得点で終わり、これで最近のホーム戦3試合で無得点が続いているFCケルンだが、マネージャーのシュマッケ氏は、昇格1年目の昨シーズンと比較して成長が見られるとの考えを示した。




Kölns Manager Jörg Schmadtke (li.) und Trainer Peter Stöger.
昨シーズンは明らかに守備に重きを置いてシーズンを戦っていたFCケルン。「今はディフェンスがよく、そして得点のチャンスも得ることができているよ」とシュマッケ氏は語っている。

「1年前のプレーと比較えするなら、私は明らかな前進をとげていると感じるよ。ただ最後のところでの成長というのは、一番難しいものなんだ。しかしより多くのチャンスを作れているし、アイデアも豊富になっている。」

だがその一方で「サッカーでは、得点してなんぼだ、というのも重々分かっているよ」とも。

「マインツ戦では3・4度のビッグチャンスがあったにも関わらず活かすことができなかった。プレーは及第点だがそれが報われていない。ただ徐々に思っていることはできはじめている。あとはチャンスを活かすということだ」とシュマッケ氏。

だがそれと同時に「ただそれができればトップクラブだけどね。うちはまだそこにはいないよ」と付け加えた。


kicker.de

最近のケルン関連記事