ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月24日

シュターク、手術を決断

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベルリン|10月3日に行われたハンブルガーSV戦で負傷し、ここまで離脱が続いているニクラス・シュタークだが、思うような回復は遂げられずに、これから手術を受けることが明らかとなった。



Niklas Stark
鼠蹊部に問題を抱えた20歳のDFは、負傷から保護治療による回復を目指して1ヶ月半取り組んできたものの思うような回復は見られず、今週初めにはミュンヘンの専門医ウルリケ・ムシャヴェック医師の下で手術を受けることが明らかとなっている。

マネージャーのプレーツ氏は「1月3日の練習再開の歳には、二クラスに参加してほしいね」とコメント。少なくとも年内復帰は絶望となった。

今夏に2部ニュルンベルクから加入したシュタークは、負傷により離脱するまで、今季はリーグ戦5試合に出場している。
kicker.de

ベルリン関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報