ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月23日

週末のセキュリティ面の総括

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガ|火器類を用いないように強く呼びかけ、多くの警備が配備されることとなった今節のブンデスリーガ。そんな中でシャルケvsバイエルン戦では、チケット売り場でバイエルンのファンと2部ボーフムのファンが騒動を起こして約200人が逮捕。グラードバッハに向かっていたハノーファーのファン200人以上が送還され、またブレーメンのファンが電車のガラスを割るといったことも発生した。

DFB
セキュリティ担当:ヘンドリック・グローセ
… 週末について
クラブとそのパートナーは良い取り組みができていたように思います。特に責任者と警察との間で、絶えず意見交換を行うことができていました。この数年で作り上げてきたセキュリティ体制がいかに機能するのか。それを目にしていくことになります。

Musste vor dem Topspiel aktiv werden: Die Polizei in Gelsenkirchen meldete mehrere Festnahmen.
… さらに規制を厳しくしていく考えなのでしょうか?
それは今後の警察によるリスクへの判断や成り行きにもよります。ただ我々は城塞にように守ることができるわけではありませんし、皆で毎試合で協力しながら、出来る限りの安全を目指していきます。

Unruhiges Wochenende: Die Polizei hatte zahlreiche Einsätze rund um die Fußballspiele.
… 一部のファンの騒動には驚きましたか?
まずセキュリティに協力してくれた観客の皆様に、感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。これはサッカー、そして生活のために必要だということを理解していただきました。このような緊張状態の中で、一部の人間が騒動を起こしたことは理解出来るものではありません。この状況では火器類を用いるような人がいれば、その人にはスタジアムの訪れる権利はありませんよ。

Hendrik Große Lefert
kicker.de

ドイツ代表関連記事



  • ブンデスリーガ・各チーム情報