Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月22日

ベルリン 1−0 ホッフェンハイム

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガ|11月22日の日本時間23時30分(ドイツ時間15時30分)から行われたブンデスリーガ第13節、ヘルタ・ベルリン対TSGホッフェンハイム戦の写真、この試合のマン・オブ・ザ・マッチやkicker採点を掲載。




MOM:マルヴィン・プラッテンハルト
 

 先発(kicker採点つき)

ヘルタ・ベルリン
Pal Dardai監督:ダルダイ
… 4位も次節はバイエルン戦
我々は誇りをもって、バイエルン戦に濃霧よ。試合の最後まで、誇りをもって取り組んでいきたい。

バイエルンは世界最高のクラブの1つだ。ただ我々はいい雰囲気がある。勝ち点23を稼いで、縮こまる必要なんてない。

それにバイエルンのようにあれほど試合を支配するのであれば、いつかは疲労感が出てきてしまうというものだよ。

… ヴァイザーについて
彼を壊すような考えはない。痛みを抱えてプレーすることは、余計な負荷をかけてしまう危険性があるものだよ。

… 出場停止明けのイビセヴィッチの起用について
見てみることになるさ。

… 不在でも好調
これはチーム全体と、彼らが持つチームスピリットによる結果だよ。

Mitchell Weiser
Sebastian LangkampCB:セバスチャン・ラングカンプ
試合に臨む姿勢は、前半はとてもよかったと思う。こういう状況でもサッカーをしようとしていた。そのうちボールが回らなくなったら、ロングボールを多用したよ。成熟したパフォーマンスだったと思うね。後半ではあと一歩がでなくて、対人戦にしっかりと入れないところがあった。そこまでいい試合を見せられたわけではないけど、でも相手にあまり自由も与えなかったさ。

自分たちが悪い時でも勝利を収められるようになっている。ただそれは相手にあまり自由を与えていないということでもあり、それはポジティブだと思うよ。

バイエルン戦には素晴らしい気分で臨める。勝ち点はこれで23になった。素晴らしいよ。あとはなるようになるさ。いい状況にあることは確か。ただバイエルンに対して優位に立つことなんてないけどね。

テロについては、みんなこの1週間考えたりしただろうけど、試合ではいつも通りにやろうと心がけた。こういった状況で、雰囲気も試合も変な感じだったけど、でもそのなかでもベストを尽くせたと思うね。
Lufthoheit: Berlins Langkamp im Duell mit Amiri (li.).
TSGホッフェンハイム
Huub Stevens監督:ステフェンス

写真で見る:ベルリンvsホッフェンハイム
Hertha BSC - TSG Hoffenheim 1:0


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker