Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月14日

シュミット監督「プレッシャーは感じていない」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レバークーゼン|くるぶしの負傷から回復を目指し、いまだ個人練習を行っている主将ラース・ベンダー。シュミット監督は「来週チーム練習に参加する」との見方を示しながらも「リスクはおかさない」とも付け加えた。




バイヤー・レバークーゼン
Schmidt, Roger監督:シュミット
… ベンダーの復帰時期について
来週チーム練習に参加する。ただ我々は、リスクをおかすようなつもりはないよ。

… ベララビの復帰時期について
フランクフルト戦までには間に合うという、希望は抱いている。

… 現状について
勝ち点に関する批判の声が起こるのは仕方のないことだ。私は最近このチームを率いているというわけではないし、ある程度の期待感もある。我々にとって重要なことは、本質的な部分に向かってしっかりと取り組んでいくということ。私自身は特に、プレッシャーを感じているというわけではない。

SD:フェラー
なかなか浮上できていないし、このメンバーを考えれば、勝ち点に物足りなさはあるし、シュミット監督が好みの分かれるタイプだということもわかっている。こういう結果で批判を受けるのは致し方のないこと、そう私は監督にも伝えている。ただこのチームは、彼という監督がいてくれることを全員が嬉しく思っているのだ。

Befinden sich auf einem guten Weg: Bender (re.) und Bellarabi (li.), für den es vielleicht schon für Frankfurt reicht.

kicker.de
最近のレバークーゼン関連記事




  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker