Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月13日

レーマン、ビッテンコート、長澤和輝が練習不参加

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケルン|木曜日にツォラー(大腿筋)とオルコウスキ(鼠蹊部)が練習復帰を果たしたFCケルンだが、その一方で主将のレーマン、ビッテンコート、さらには長澤和輝の姿もなかった。



Simon Zoller, Pawel Olkowski (r.)
復帰した両選手について、シュテーガー監督は「1週間で出場できるところまでいってくれれば」とコメント。オルコウスキは10月18日のハノーファー戦の直前で負傷、またツォラーはブレーメンとのポカール2回戦で負傷、ともに離脱が続いている。
さらにシュテーガー監督は、足の打撲により離脱中のゲルハルトについて、金曜日に参加できることを期待した。

その一方でレーマン、ビッテンコート(ともに打撲)、さらに感染症を患っている長澤和輝も練習参加を見合わせている。

Marcel Risseシュマッケ氏、リッセの代表入りにも言及

攻撃的MFが本職であるはずのマルセル・リッセだが、今季は右SBとして納得の活躍を披露。出場した4試合では、kicker採点平均2.88をマークしているところだ。
マネージャーのシュマッケ氏は「リッセは、細かいところまでちゃんと仕事をしている。それは攻撃的選手では普通のことではないよ」と賛辞を贈った。「うちのプレーをよくしてくれているところがあるね」
これまではオルコウスキが先発を務め、代表戦明けからは負傷も癒えてオプションとなる見込みだが、しかし起用法についてはまだ不透明となったまま。
リッセについて「彼はファンタスティックな成長を見せられるというのを見せた。うしろのポジションであってもね」と評したシュマッケ氏。
ドイツ代表入りの可能性についても言及し、先日の代表戦ではケルンのリッセに対してレーヴ代表監督から苦言が呈されたが「代表戦のあとで、左SBのオフェンスが足りなかったって話をきいたね。それなら、リッセを呼んでも、大して問題ではないだろうね」と語っている。


kicker.de

最近のケルン関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker