Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月13日

ベテランの後塵を拝する期待の若手

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シュトゥットガルト|2014年冬にシュトゥットガルトに加入し、終盤では1部残留に貢献したカルロス・グルエソ。19歳のMFについてツォルニガー監督も評価しているところだが、しかし今はゲントナーとディエの後塵を拝しているところだ。



Carlos Gruezo
二人のベテランMFは、まさにエクアドルの期待の若手に不足しているものを有している。それはプレーの面のみならず、声を出すといった存在感を示すという点においてもだ。

加えてグルエソはしばしば切り替えで精彩を欠く場面を見せており、横や後ろにパスをする結果チャンスを逃すシーンもみられている。

そのため両選手が欠場を余儀なくされた試合で先発を務めたものの、結局は前半のみで交代を告げられた。

確かにグルエソは家族とともにこの街を気に入ってはいるものの、出場機会がなくては代表選出が危うくなることも理解しており、今回は代表招集を受けることなく、次節に向けて精力的にトレーニングに勤しんでいる。

kicker.de

シュトゥットガルト関連記事



  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker