Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月12日

ベンショップとプリブがまもなく復帰

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ハノーファー|降格圏内まであと僅かとなる15位で今回の代表戦期間を迎えたフロンチェク監督。そんな中で離脱が続く2選手、エドガー・プリブとチャーリー・ベンショップから明るい話題が届いた。




Edgar Prib
アウグスブルク戦で靭帯結合部を負傷したプリブは水曜、7週間半ぶりにチーム練習へと復帰。金曜日に行われる2部ビーレフェルトとのテストマッチでの出場も期待されているところだ。

その一方で内転筋の筋損傷を2度抱え、ここまで離脱しているベンショップは、アスレチックトレーナーとともに個人練習を実施。しかしこちらもまもなくして復調が期待され、次節のグラードバッハ戦でオプションとなることが見込まれている。

なおサリフ・サネが練習中に膝を負傷し、アイシングしたままその場をあとにする場面があったが、その後に大事には至らず炎症が見られていることが明かされた。

kicker.de

最近のハノーファー関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker