Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月11日

ヴォルフスウブルク、乳酸テストを実施

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴォルフスブルク|火曜日に乳酸テストを実施したヘッキング監督。その理由について「冬の準備期間のためだよ。練習プランの準備のためさ」と説明した。




Dante
つまりは今回不参加となった選手は、12月に実施することになる。
なお代表参加選手とGK3人組のほか、背中に問題をかかえるロドリゲスと風邪を患っているカリジュリが不参加。
その一方で復帰を目指すロペス(中足の骨折)と、クノッヘ(外側副側靭帯)の姿はみられた。
「ロペスはこれから、徐々に負担を高めていくよ」とヘッキング監督。
その一方でクノッヘの方は、まもなくチーム練習参加を果たす可能性がある。
なお大腿筋に筋損傷を抱えながらも、代表招集を受けたマックス・クルーゼに関しては、代表のチームドクターの検査を受けた結果「とてもいい感じだ」と指揮官は明かしており、このまま代表に止まって、水曜から再びボールを使った練習を再開する。「たが、何も起こらないという判断が下された場合のみだよ」

Sperre rechtzeitig zum BVB-Spiel abgelaufen: Julian Draxler.
ドラクスラーの復帰戦はかつてのライバル


先日のマインツ戦では退場処分を受けたドラクスラー。DFBスポーツ裁判所は2試合の出場停止処分とする判断を下した結果、同選手が復帰するのはシャルケ時代の宿命のライバルであるボルシア・ドルトムント戦ということになった。
日曜に行われたレヴィアダービーでは、かつてのチームメイトらに応援メッセージを送っていたドラクスラー。
復帰戦となるドルトムントとはあまり相性は良くなく、ここまで1勝2分3敗。次戦ではこの結果を改善させたいところである。
kicker.de

最近のヴォルフスブルク関連記事




  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker