ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月11日

前半交代もチームプレーを大事にするウジャー

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ブレーメン|出場が危ぶまれながらも先発したアンソニー・ウジャー。ハーフタイムではスクリプニク監督に「いける」とのシグナルを送ったが、指揮官はクラウディオ・ピサーロを投入した。


Bremens Anthony Ujah gegen Augsburgs Callsen-Bracker.
「ピサーロのようなワールドクラスの選手が、万全な状態で控えていたのでね」
そしてその読みは的中し、見事ピサーロは先制弾を決めて見せている。
その一方で、交代を告げられた方のウジャーも、このゴールに対して喜びを語った。
「本当にとてもうれしいよ。それにこの得点がいかに、ピサーロにとって重要なものかもわかっている。これからもっと得点していくだろう。どのチームにだって得点できる2人のFWが必要だ。一緒になって、相手に問題をつきつけることができるんだよ」
このことにスクリプニク監督も、同調することだろう。
kicker.de
ブレーメン関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報