ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月08日

バイエルン 4−0 シュトゥットガルト

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガ|11月7日の日本時間23時30分(ドイツ時間15時30分)から行われたブンデスリーガ第12節、バイエルン・ミュンヘン対VfBシュトゥットガルト戦の試合後コメントや写真、この試合のマン・オブ・ザ・マッチやkicker採点を掲載。




MOM:ダグラス・コスタ
 

 先発(kicker採点つき)

FCバイエルン
Josep Guardiola
監督:グアルディオラ
… ツォルニガー監督が「キミヒはうちなら出場機会を得られる」と発言
いや、彼はここに残るよ。ジョシュア・キミヒは、まるで私の息子のような存在だ。
なにも残念がるようなこともない。彼は毎回の練習で見事な姿を見せているし、それはザグレブ戦でも、今日の試合でも同じことだ。
日々の練習で定位置争いを演じているいくこと。それがたった1つの解決策だよ。全ての成功を手にするには、全ての選手が必要あなのだ。もしもそれが理解できてないとするなら、それは問題だよ。
Joshua KimmichMF:ジョシュア・キミヒ
この試合で先発出場できたことは、ぼくにとって特別なものだ。シュトゥットガルトでは、まだ知っているひとがたくさんいるしね。
Joshua Kimmich hört Pep Guardiola zu
Holger BadstuberCB:ホルガー・バートシュトゥーバ
… 復帰を果たした時について
まだ30分もあって、タイミングは良かったと思う。僕にとっては完璧だったね、それに実戦経験を積ませてくれたことにとても感謝しているよ。練習と実戦はまるで別物だから。
… ファンの反応について
とても歓迎してくれたね。多くのことを思い出したよ、彼らにこれからお返しができたらと思う。あれは本当に素晴らしかった。鳥肌ものだったよ。
… 回復度合いについて
復調と一言でいっても違いがあるんだ。いい感覚を覚えているけど、でもまだ2週間の練習しか行えていないから、不足している部分というのはある。ただこれだけ高いクオリティの練習を行えているから、それも助けにはなっているんだけどね。長期間継続することが大切だ。
… 怪我という辛い日々をどう克服されたのでしょう?
僕たちは自分たちができることに対する感謝の気持ちを、口にしているんだ。もちろん困難な時はあるし、自分の強さを見せなくてはならない時がある。その時に全力を尽くして、前を向くということ。ここまではそういう形で行ってきたね。
… 変化は?
もちろん変化はあるさ、自分についてもね。でもそれはいいことだよ。知らなかったことを吸収したんだ。これからも変化し続けたいと思っている。でも後ろに下がるのではなく、むしろポジティブなパフォーマンスを通じて、それが人生というものだろう。
… 疑問や不安は?
不安はない。起用されれれば、チームのために全力を尽くす。自分に疑問なんてないさ、そうじゃないとこういう復活を何度もできるものではない。いまは痛みはないし、大きな信頼がある。フィジオセラピストが素晴らしい仕事をしてくれたね。まずは1試合に出場した。これから次だ。サッカーはその日その日が大切なものだし、今回の試合はまた消化して、次の試合に向けて取り組んでいくよ。
Nach langer Pause wieder dabei: Holger Badstuber.
VfBシュトゥットガルト
Alexander Zorniger
監督:ツォルニガー
もっとダイレクトに、アグレッシブにプレーしたかったんだ。100%するか、そうじゃないか。はっきりさせないとね。しかし後半では無失点に終わったのはいいシグナルではあるのだが。
ここで何かつめあとをを残したいと思うのであれば、すべてを正しく行えなくてはならないものだよ。
0−4という結果では、もちろんマッチプランがうまく機能していたとはいえないさ。
Christian Gentner主将:クリスチャン・ゲントナー
多分欲張りすぎていた部分があったように思う。
Timo WernerFW:ティモ・ヴェルナー
自分たちが求めていたようなプレーをそのまま実践した。ただ高く構えすぎて、リスキーだったと思う。バイエルンに対してはそれはすべきではない。スペースを与えてしまうことになるからね。こういう試合から、また僕たちには得るものがあるものさ。
Timo Werner

写真で見る:バイエルンvsシュトゥットガルト
Bayern München - VfB Stuttgart 4:0


  • ブンデスリーガ・各チーム情報