ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月08日

アウグスブルク 1−2 ブレーメン

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガ|11月7日の日本時間23時30分(ドイツ時間15時30分)から行われたブンデスリーガ第12節、FCアウグスブルク対ヴェルダー・ブレーメン戦の試合後コメントや写真、この試合のマン・オブ・ザ・マッチやkicker採点を掲載。




MOM:フィン・バルテルス
 

 先発(kicker採点つき)

FCアウグスブルク
監督:ヴァインツィール
コンパクトに構えるチームに対して、とにかく精力的にプレーしているが、でもそれで体力を消耗する上、最後の決定力に欠けてしまっている。
ピサーロはそこで容赦なく、効果的に決められる。あれが彼のクオリティだよ。
Paul Verhaegh主将:パウル・フェルハーフ
多くの重要な場面で、しっかりとプレーができていなかった。あまりにも間違った判断をしていたよ。もっと効率的に、存在感を見せていかないと。
当然雰囲気はいいものではないさ。
マネージャー:ロイター
… 決定力不足について
ただすでに過去に二桁得点している選手だっているのだ。それにブレーメンまでの最近3試合では、我々は10得点を決めているのだよ。そのことを忘れてはいけない。ただフレッシュさにかけ、最後の部分での集中力が不足しているように思う。
どの試合も決戦だよ
Ragnar KlavanCB:ラグナー・クラヴァン
徐々にでも、勝ち点を積み重ねていかないとね
Augsburgs Trainer Markus Weinzierl
ヴェルダー・ブレーメン
Viktor Skripnik監督:スクリプ二ク
今回の勝利でほっとするわけではないのだが、しかしチームにとっても、そしてピサーロにとっても重要なものとなったね。ああいうゴールは、彼はもう1000回はやってきただろう。毎試合得点してくれることを期待しているよ。彼は名前だけではない、偉大な選手であることを見せてくれた。
これまでの間で、体はかなり良くなっている。ウジャーが得点を決めていないとき、彼の存在というのは貴重なものだよ。
Claudio PizarroFW:クラウディオ・ピサーロ
これ以上の日もないという感じだね。チームに勢いをもたらしてくれるよ。僕たちは結果が示しているよりも、いいプレーをしていたと思う。
あの得点は、僕にとってとても重要なものだ。自信がなくては難しいものだよ。
マネージャー:アイヒン
我々としては喜びすぎてしまうようなミスはもうしたくはない。ピサーロという選手がいることはわかっているし、彼はうまく今日は試合に入っていたね。
Claudio Pizarro

写真で見る:アウグスブルクvsブレーメン
FC Augsburg - Werder Bremen 1:2


  • ブンデスリーガ・各チーム情報