ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月07日

ディークマイアーも離脱で、酒井高に先発のチャンス

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハンブルク|エミル・スパヒッチが練習中に膝を負傷し離脱することとなったハンブルクだが、ラバディア監督はさらに、デニス・ディークマイアーも欠いてダルムシュタット戦に臨むことを余儀なくされた。update
Dennis Diekmeier
同選手は対人戦でくるぶしを負傷、そのまま運び出されている。

その後ハンブルクは「足首の靭帯を断裂した恐れがある」とtweetしていたのだが、その後の検査の結果それが確認。これから4〜6週間の離脱を余儀なくされる。
なお最終調整では酒井高徳がその右SBに入っており、ダルムシュタット戦ではリーグ戦移籍後初先発を果たすことになるだろう。
最近では特に守備の面で安定感を見せていたディークマイアーは、今季はkicker採点平均3.36をマーク。今季までとなっている契約の延長も視野にいれており、すでに1回目の交渉も行われているのだが、まずは早期の復帰を目指し取り組んでいくこととなった。
kicker.de

ハンブルク関連記事



  • ブンデスリーガ・各チーム情報