ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月05日

ドミンゲス「セビージャ戦は決戦だ」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グラードバッハ|CLグループリーグ第4戦ユベントス戦は、グラードバッハにとって複雑なものとなった。再びトップクラブに対して好試合を演じた一方で、決勝トーナメントへの道は断たれた。CBドミンゲスが語るユベントス戦、次のセビージャ戦、そして週末のインゴルシュタット戦とは。



"Die Enttäuschung überwiegt": Mönchengladbachs Alvaro Dominguez nach dem 1:1 gegen Juventus Turin.
kicker: 1−1という結果はパフォーマンスに対する誇りの方が上ですか?それともCLからの敗退という失望の方が上ですか?

アルバロ・ドミンゲス: 少しがっかりの方が大きいかな。勝利を収めることができなかったからね。僕たちはいいプレーを見せていたんだ。特に前半ではね。そしてハーフタイム明けでも2度のビッグチャンスがあった。シュティンドルのヘディング、そしてアザールがバーを叩いたシーン。ただ僕たちは、ユベントスがトップクラブの1つだということはわかっているよ。
kicker: ユベントスに対して2試合とも素晴らしい戦いを見せました。そしてマンチェスター・シティ戦でも好勝負を演じています。ただそれでも勝ち点は2にとどまりましたが、その理由はなんだとおもわれますか?
ドミンゲス: 正直、何も不足していなかったと思うよ。僕たちは欧州各リーグにおける、それぞれのトップクラブが集まった厳しいグループに置かれたんだ。それでも僕たちは、もう少し運さえあれば勝ち点をより多く得ることができた。そんなに差ははなれてはいなかったよ。
kicker: セビージャをとらえて、来年はELで戦う。そのことはどれほど強く信じていますか?
ドミンゲス: 計算は簡単さ。僕たちは次の試合で勝利を収めなくてはならない。そうして僕たちの方が前をいくんだ。
kicker: それで最終戦には、セビージャよりも上の状況でいけますね。
ドミンゲス: セビージャ戦は1つの決戦だよ。もしも勝利を収めれば、僕たちはマンチェスター・シティ戦でもとてもいい仕事ができると思う。
kicker: エルナネスの退場について
ドミンゲス: あれは明らかなレッドのプレーだ。僕からみればね。彼は僕の足を強く蹴っていたよ。ただ幸運にもひどいケガにはならなかったけどね。
kicker: ブンデスでは連勝が続いています。CLも狙えるところまできました。今の目標は再び、CLで戦うようになるということなのでしょうか?
ドミンゲス: 僕たちはこの大会せもやれるというところを見せた。今はブンデスでのこの調子をこのまま続けていきたいと思う。4位以内までそんなにはなれていないからね。つまりこのまま続けていくということ。できれば全ての試合で勝利を収めたいものだよ。
kicker: ユベントスのあとで昇格組のインゴルシュタット。過小評価する危険性は?
ドミンゲス: インゴルシュタットを過小評価することなんてまったくないね。ブンデスが常に僕たちにとって一番重要なものであり、常に100%の力で全力で取り組んでいくよ。

kicker.de
最近のグラードバッハ関連記事



  • ブンデスリーガ・各チーム情報