ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月02日

加熱してきたバイエルンの定位置争い

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルン|徐々にまたバイエルンの定位置争いが加熱しはじめてきた。ベナティアは最近2試合でベンチに、バートシュトゥーバは遠征には帯同するもメンバー外。加えてローデ、ベルナトも間もなく戦線復帰を果たす見込みだ。



Augen zu und durch: Bayerns "Krieger" Vidal (re.) gegen Frankfurts Medojevic.
同じく負傷から復帰を目指しているフランク・リベリについては、既にボールを使った個人練習を行っているものの暫くはまだ離脱が続く。

先日のヴォルフスブルク戦と今回のアウグスブルク戦では、グアルディオラ監督は、14選手のみをベンチ入りさせており、ローテーションも実行。ミュラーやアラバ、ティアゴはベンチスタートとなったが、おそらく同じく14選手で臨むとみられるCLアーセナル戦では、ミュラーとアラバが先発に復帰することになるはずだ。

ただまだ不明となったままなのは、果たしてグアルディオラ監督はテクニックのティアゴを起用するのか、それとも闘争心溢れるビダルを起用するのかという点。ケルン戦やフランクフルト戦で見せたような攻撃的な布陣は、今回のアーセナル戦で採用することはあまり想像できない。
kicker.de
最近のバイエルン関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報