Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月01日

アウグスブルク 3−3 マインツ

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガ|10月31日の日本時間22時30分(ドイツ時間15時30分)から行われたブンデスリーガ第11節、FCアウグスブルク対FSVマインツ05戦の試合後コメントや写真、この試合のマン・オブ・ザ・マッチやkicker採点を掲載。




MOM:武藤 嘉紀
 

 先発(kicker採点つき)

FCアウグスブルク
監督:ヴァインツィール
審判員のせいだけで勝ち点を失ったとはしたくない。この素晴らしいパフォーマンスをうまく締めくくるには、あと数分足りなかった。こうやっていきたいところだが、もっとクレバーにリスクを減らしてもいかないとね。
… 足首を負傷したホンについて
あまり良いようにはみえないね。
… 出場のなかったアルティントップについて
彼は休養をとったのだ。
ハリルは素晴らしい選手であり、我々にとってとても重要な選手だ。たとえピッチに立っていなくともね。彼はとても重要な役割を担っているよ。
Halil Altintop
Halil AltintopMF:ハリル・アルティントップ
監督は今回、入れ替えを行うと話していた。多くの選手が戻ってきたからね。それは監督がくだす決断だよ。
Markus FeulnerMF:マークス・フォイルナー
… 同点になる前のデ・ブラシスのプレーについて
明らかなミスジャッジだ。あれをファウルにしないなんて。
Referee Fritz und Weinzierl
マインツ05
Martin Schmidt監督:シュミット
アウグスブルクからとても強いプレッシャーを受けた。彼らは果敢にプレーしており、ディフェンスを行うのは難しかったよ。

… 同点になる前のデ・ブラシスのプレーについて
体でブロックしていた。素晴らしいものだ!ただ線審が5mの距離でみていたのだから、ファウルならちゃんと見えていたのだろう。
マネージャー:ハイデル
おそらく今回の勝ち点1は、2−1で勝ち点3を得るよりも貴重なものになるかもしれないよ。今回の感情の爆発は、今後に向けて重要なものだ。
… デ・ブラシスのPKを取られた場面について
ああいうことがシーズンを通して続いている。わざとそうされているとまでは言いたくないけれど。
会長:シュトルツ
… デ・ブラシスのPKを取られた場面について
審判員にはあまり苦言は呈さないほうなのだがね、しかしひどいものだった。両クラブにとってね。腕を切り落とさないとどうしようもない状況ではないか。
Yoshinori MutoFW:武藤嘉紀
4点取れたらよかったんですけどね、それなら4−3で勝利を収められたでしょうから。
でもあれだけ多くの失点をすることは、決して良いことではありません。でも意欲を見せて、追いつくことができました。これは発奮材料になりますよ。
Jubeltraube: Mainz' dreifacher Torschütze Yoshinori Muto (re.) wird gefeiert.

写真で見る:アウグスブルクvsマインツ
FC Augsburg - 1. FSV Mainz 05 3:3


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker