ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月01日

ケルン 0−0 ホッフェンハイム

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガ|10月31日の日本時間22時30分(ドイツ時間15時30分)から行われたブンデスリーガ第11節、1.FCケルン対TSGホッフェンハイム1899戦の試合後コメントや写真、この試合のマン・オブ・ザ・マッチやkicker採点を掲載。




MOM:オリヴァー・バウマン
 

 先発(kicker採点つき)

FCケルン
Stöger, Peter
監督:シュテーガー
3連敗後という状況で臨んだ試合ではあったのだが、選手たちがこの状況をうまく克服している姿を見るのは楽しかったよ。得点チャンスを幾度も作り出せていたのだが、しかしそれを活かすまでには至らなかったね。しかし選手たちが見せてくれたパフォーマンスについては満足している。
… 相手DFシュトローブルのハンドについて
もうこれ以上笑えない。ケルンにはハンドが存在しないのだから。今週の練習では、そういうところも意識して行わなくてはならないのかもしれないね。
50mの距離からでも見えるものを、別の人間は異なる見方をしていたのだ。一体何を見ているんだと思ったね。この状況で遠慮する必要はないだろう。
… ビッテンコートがキムとの対人戦で蹴られたようだが・・・
ボールが転がって、キムがレオの足を蹴らなければ、いったいどこに蹴ったというのか。想像できんよ。ただ自分はプレーしていないからわからないよ。
これは0−3になるのか0−4になるのかというものではない。試合を決定づけるもので起こったものなんだ。どうしてそう判断したのか、ちゃんと意見を聞かなくてはならないよ。そしてたいていはこう言うんだ。「見ていなかった」と。冗談だろ。
つらいね。ハノーファー戦でのアシスタント、そしてここのところ2試合での主審によるミスジャッジ。だがそれを気にしたところでしょうがない。愚痴をこぼす必要はないのだ。それでは一貫性はうまれない。我々は前を進む。そしていつかはうまくいくように願うよ、2023年までにはね。これは冗談ではない。
これからどうするべきか考えさせられるよ。ベンチに戻って、もうコーチングゾーンに戻るべきではないのか。とにかく多くのことが見えてしまうんだ。それでも気持ちをコントロールしなくてはならない。私は基本的に、おとなしいタイプの人間なのだよ。
私は選手たちのことも、彼らの性格も好きだ。ダーティなことも滅多にしない。ただたまにずるいことをしなければ、たまに自らの助けにもならないよ。
War restlos bedient: FC-Trainer Peter Stöger während der Partie gegen Hoffenheim.
TSGホッフェンハイム
Huub Stevens監督:ステフェンス
チームパフォーマンス自体は及第点だ。選手たちは戦いを挑んでいたよ。ピッチでもベンチでも活性化していた。それが重要だ。正しい方向に向けた、小さな一歩というところだよ。ケルン戦では、危険な綱渡りをしたくはなかったし、だからコントロールして、前に行くように心がけていたんだ。
ただ得点は自信による部分もある。そのあたりには取り組んでいかなくてはならないよ。時間のかかるものだ。
Hauptdarsteller einer intensiven Partie: Anthony Modeste und Tobias Strobl (re.).
Mark UthFW:マルク・ウート
… 古巣戦だった
タフな仕事だったね。とてもコンパクトに構えて、相手に自由を与えないようにしたかったんだけど、少なくともそれはできていたよ。お互いのためにプレーし、戦っていた。だからドローにふさわしかったと思う。今回の勝ち点はポジティブに受け取っているよ。
Sebastian RudyMF:セバスチャン・ルディ
コンパクトにタイトに構えることが重要だった。そして相手に中央でチャンスを与えないようにすること。それが今日は僕たちのタスクだんたんだよ。


Oliver Baumann
GK:オリヴァー・バウマン
監督からの指示は早く切り替えること、ラインをタイトに保つことだったけど、それは結構うまく機能していたね。
今回の勝ち点には満足できるよ。小さな前進ではある。でも正しい方向へのものだ。
Pirmin Schwegler主将:ピルミン・シュヴェグラー
結果を得ることと、前進を遂げることが何よりも重要だった。これから継続していかなくてはならない。
全てがうまくいっていたわけではない。ちょっとしたミスはおかしていたし、ケルンにカウンターを許していた。気の緩みは許されなかったが、精力的にプレーしていた。ただ最終的にはうまくいかなかったけれど。次のステップは、前に向けてうまくプレーすることだ。
経験の不足は感じる。ステフェンス監督はいくつか手を加えた。彼はうまく要求しているし、何が必要かを理解している。
Pirmin Schwegler

写真で見る:ケルンvsホッフェンハイム
1. FC Köln - TSG Hoffenheim 0:0


  • ブンデスリーガ・各チーム情報