Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年11月01日

移籍情報:11月分

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加




※タイトルが赤字のものは1部関連、青字は2部に関する記事


11/30, 23:51
VfB: Nägel mit Köpfen bei Usami補強を目指しているシュトゥットガルトだが、その獲得リストに上位に、ガンバ大阪の宇佐美貴史がリストアップされているところだ。トップでも左ウィングでも出場可能な攻撃的プレーヤーは、12月2・5日にサンフレッチェ広島と、Jリーグ・ファイナルカップを戦う。それからシュトゥットガルトとしては、同選手の獲得を目指したい考えだ。23歳の日本代表は、かつてはバイエルンやホッフェンハイムでもプレー。その後に古巣復帰を果たしているが、ブンデス再挑戦への希望も口にしている。
11/30, 17:02
Dortmunds Jonas Hofmann 特に新戦力の獲得への必要性を口にしていないボルシア・ドルトムントだが、移籍に関しては動きがあるかもしれない。現在降格の危機に瀕しているホッフェンハイムが、出場機会の獲得に苦しむヨハネス・フルムに関心を示している模様だ。さらにU23でプレーするモリッツ・ライトナーも、新天地を模索している。
11/28, 19:50
欧州の複数のクラブから視線が注がれているブレール・エムボロには、マンチェスター・ユナイテッドやバルセロナもスカウトを派遣しているが、先日のELフィオレンティーナ戦では、ヴォルフススブルクのヘッキング監督、さらにはマネージャーのアロフス氏が試合会場に姿をみせた。
今冬での補強を目指すバーダーCEOだが、FWエラン・ザハヴィ(28:マカビ・テルアビブ)に対する関心が複数のメディアによって伝えられている。ただしまだコンタクトは取っていない模様で、マカビとの契約はまだ長期残されているところだ。
VfB trennt sich von Zornigerシュトゥットガルトはアレクサンダー・ツォルニガー監督の解任を発表した。「特に週末の敗戦の仕方を重く見た」というヴァーラー会長だが、これによりシュナイダー氏、フェー氏に次ぐ、3度目の監督招聘失敗を招いたことになる。なお両AC、GKコーチも解任されており、暫定監督にはU23のクラムニー氏が就任。週末のドルトムント戦への準備を取り仕切る。
降格圏内にまで低迷した2部フォルトゥナ・デュッセルドルフは、フランク・クラマー監督の解任へと踏み切った。まだ後任については発表されておらず、しばらくの間はヘルマンACが代役を務める。
11/23, 17:21
ジェローム・ボアテングが数日以内にも、バイエルンとの契約を延長するとみられる中、ドイツ代表でも同僚のトーマス・ミュラーは、話し合いが行われたにもかかわらず、延長へのサインを躊躇している模様だ。ただしバイエルンとの契約は、昨夏のW杯前に2019年まで延長されている。
11/22, 18:08
シャルケ側はジョエル・マティプとの延長を希望しているものの、しかし選手自身はまだ時間を必要としているようだ。「今はうちのターンではないよ」とマネージャーのヘルト氏は明かした。「ジョエルはどうやら成り行きを見守りたいようだ」24歳のカメルーン代表は15年間、シャルケに在籍している。
11/21, 23:48
Naldo 今季公式戦20試合目を、長年過ごした古巣ブレーメン戦で迎えたナウドが、今季までとなっていた契約を自動的にさらに2年間延長させている。
今夏にも獲得に乗り出していたデンマーク1部のFCミッティランが、今冬よりヴァツラフ・カドレツを獲得したことが明らかとなった。移籍金額は200万ユーロ。

11/19, 19:17
Stuttgarts Daniel Didavi
レバークーゼンからのダニエル・ディダヴィに対する関心は知られていることだが、kickerが得た情報によれば既に選手と合意に至っている模様だ。25歳のMFとの契約は今季までだが、まだシュトゥットガルトは延長までに至っていない。
さらにレバークーゼンは、シャルケんマックス・マイヤーも注視している模様。シャルケとマイヤーとの契約は2018年まで。
11/19, 17:14
今季は負傷により出遅れたヤン・キルヒホフだが、年内までは4部のバイエルンIIにて実戦経験を積み、それからクラブと交渉を行う模様。既にバイエルンとしての最後のプレーを終えているとしても、決して驚くことはない状況だ。
11/17, 23:38
Real-Gerüchte: Das sagt Lewandowskis Beraterレアル・マドリードとの噂が挙がっているロベルト・レヴァンドフスキだが、同選手の代理人はツイッターにて「バイエルンと契約を結んで以降、レアル・マドリードからのコンタクトはありません」と投稿した。バイエルンとレヴァンドフスキとの契約は2019年まで。
11/16, 00:59
契約を今季まで残しているフィリップ・クレメント(23)だが、kickerが得た情報によればまもなくして、マインツと延長に向けた交渉が行われる模様。トップ下を本職とするレフティは、マリの影にかくれ、今季は2試合の途中出場にとどまっている。
11/16, 22:52
伊誌コリエレ・デロ・スポルトは、ミロスラフ・クローゼが米国移籍を検討しており、すでにLAギャラクシーをはじめとする3クラブが接触。3月にも移籍する可能性があると伝えている。ローマとの契約は今季いっぱいまで。
11/16, 20:44
Boateng vor Unterschrift - Neuer-Gespräche geplant
主力選手との延長に向けて取り組んでいるバイエルン・ミュンヘン。先日はトーマス・ミュラーとの交渉が伝えられたばかりだが、2018年まで契約を残すボアテングも、サラリーの改善とともに2021年までについて話し合われ、こちらはサイン間近にある模様。さらに2019年まで契約を残すノイアーも、交渉が予定されている。
11/16, 20:01
ふくらはぎの筋損傷から回復を果たしたロビー・クルーゼ。ついにアウグスブルク戦では、オプションとなる見込みだ。なおオーストラリア代表FWはレバークーゼンからレンタルで加入しており、買い取りオプションの金額は約300万ユーロに設定されている。
そんな中、シュトゥットガルトからレンタルでASローマに移籍しているアントニオ・リュディガーについて、同クラブのPR担当が、900万ユーロに設定されている買い取りオプションの行使を決めかねていることを明かした。同クラブはファイナンシャルフェアプレーに抵触する恐れを抱えている。
11/16, 19:05
今季は出場機会の確保に苦しんでいるドゥサン・スウェント。しかしドイツ代表に参加していたヨナス・ヘクターが負傷したことを受け、左SBとして出場するチャンスを得る可能性がでてきた。なお同選手の契約は今季いっぱいまでだが、出場試合数によって自動的に更新されるオプションが付随されている。
11/16, 16:47
Eichin: 今夜に年次総会を行うヴェルダー・ブレーメン。そこでは今季も赤字を報告することになるのだが、今冬では黒字転換を目指して緊急補強には動かないようだ。マネージャーのアイヒン氏は「黒字に向かっている。主力を放出することなく現実路線でいく」との考えを示している。
デンマークのメディアは、ヴァツラフ・カドレツがミッティランのメディカルチェックを受けたことをビデオつきで報道したが、同選手の代理人はこれを肯定も否定もせず「来週フランクフルトに向かって話し合う」とコメント。どうやら全ての関係者が移籍で合意している模様だ。
今夏に2部デュッセルドルフから加入するも、ここまで思うようにことが運んでいないチャーリソン・ベンショップに対して、古巣復帰の噂が浮上しているが、ハノーファーのバーダー氏は「放出は考えにない」とこれを一蹴した。
引き続きフランクフルトは、シャルケの元ドイツ代表シドニー・サム(27)に対して関心を示している。ヒュブナーSDは「我々は常に、サムが興味深い選手だと言い続けてきた」とコメント。今夏にも獲得に動きながらも、血液の値の問題で獲得が見送られた経緯があるが「もしも獲得に至るならば、それは半年ではなく、長期のレンタルを模索することになるだろう」と語った。
11/12, 22:59
バイエルンとの契約を2019年まで残すトーマス・ミュラーだが、それでも大幅なサラリー改善を含む契約の更新が推測されているところだ。だがkickerが得た情報によれば、まだミュラーとバイエルンは軽い話し合いしか行っていない模様。しかしバイエルンは今夏、マンチェスター・ユナイテッドからの1億2000万ユーロのオファーがあったと見られるなかで、ドイツ代表は売却対象ではないことを明言している。
11/12, 22:03
Aleksandar Dragovic 今冬に大型で、経験があり、リーダーシップも執れる左CBの補強を模索しているシュトゥットガルト。候補となっているのはヴォルフスブルクのティム・クローゼ、さらにオーストリア代表のアレクサンダー・ドラゴヴィッチだ。ディナモ・キエフとの契約を2018年まで残す185cmの24歳は、左利きで、対人戦に強く、得点力も併せ持っている。

だが同選手はTVのインタビューにて「トップクラブに移籍したい」とコメント。シュトゥットガルト移籍は視野に入れていないことを明かした。
11/12, 21:13
マネージャーのプレーツ氏は、まもなくしてルネ・ヤールスタインに対し、延長をオファーすることを示唆した。クラフトの代役をこなしている31歳のGKについて、同氏は「現状では今冬にも話し合い、うちからオファーを受けることになるといえるだろう」との見方を示している。
11/12, 20:56
イタリアのメディアは、ミロスラフ・クローゼに対してMLSのクラブからのオファーが届いていると報道。3月に開幕する同リーグだが、クローゼはクリスマスを利用して検討する模様だ。なおクローゼは現在、打撲により足首に負傷を抱えている。
11/12, 19:46
英国のメディアは、アドナン・ヤヌザイ(20)のレンタル移籍が、今冬にも終了する可能性があると報じたが、ミヒャエル・ツォルクSDは「それは考えにない」と明言している。
11/12, 17:57
96 träumt von Schöpf - Keine Chance bei Burgstaller今季14試合で5得点、1アシストをマークしているアレクサンダー・シェプフ。代理人のヴェガー氏は「具体的なオファーはありませんが、しかし国内外の1部のクラブから関心は寄せられています」と明かした。その中にはニュルンベルクから移籍した、バーダーCEOとメッケルSDがいるハノーファーも含まれていることだろう。しかし同氏は「今冬での移籍はありません」とも付け加えている。
11/11, 18:24
Bayern testet 16-jährigen Keeper現在バイエルン・ミュンヘンでは、ラザル・カレヴィッチがトム・シュタルケとともに、GKコーチ指導の下トレーニングに参加している。グルバリ・ラダノヴィッチに所属する16歳のモンテネグロ人GKは大きな才能をもった選手と目され、バルセロナやアヤックスからの関心も寄せられているところだ。
11/09, 19:15
Mainz hat in Frankfurt wegen Krüger angefragtkickerが得た情報によれば、マインツは2部FSVフランクフルトのクレメンス・クルーガ0CEOに対する問い合わせを行った模様。同氏は2020年までの契約が残されているが、マインツではマネージャーのハイデル氏に対する、シャルケからの関心が寄せられている。
11/09, 16:17
Ilkay Gündogan 今夏にボルシア・ドル・ドルトムントとの契約を2017年まで延長したイルカイ・ギュンドアン。25歳のドイツ代表に対しては、既にバルセロナやマンチェスター・ユナイテッドからの関心が伝えられているが、kickerが確かな情報筋から得たところによれば、ユベントスもギュンドアンに対して興味を抱いている。
契約が今季までとなっていたCBフィリップ・ツィーライス(22)が、ザンクトパウリとの契約を2019年まで延長した。」「街、クラブ、ファン、スタジアム。その全てがマッチしている。他の可能性なんてなかったよ」と同選手は述べている。
11/08, 03:02
Rummenigge: Gespräch mit Guardiola nach der Hinrunde延長か、それとも移籍か。今夏まで契約を残すグアルディオラ監督の去就問題だが、少なくともしばらくは特に動きは見られない模様だ。ルメニゲCEOは「私も監督もリラックスしている」と述べ、「前半戦終了後に話し合いをすることになる」と明かした。
11/08, 00:43
Josip Drmic 先日ハノーファーのSDに就任したメッケル氏が、ヨシプ・ドルミッチに対する関心を口にしていたが、TVのインタビューにおいてエベールSDは「彼はまだ思うように、そこまで機能しているわけではないが、彼は我々が必要としているクオリティをもった選手だよ」と語った。
11/07, 02:57
ドイツU19代表マックス・ベスシュコウが、シュトゥットガルトと2018年までの契約を結んだ。同選手は今季、シュトゥットガルトのセカンドチームにてプレーしている。
11/05, 23:51
マネージャーのアロフス氏は、ディエゴ・ベナリオの契約が「2017年まで自動延長された」ことを明かした。一定の出場試合数を超えたための延長となっている。 さらに同氏は「ナウドにも同様のオプションが含まれている」とも。現状では同選手の契約は今季までだ。
11/05, 20:33
今季はダンテの加入もあり出場機会の確保に苦しんでいるティム・クローゼ。ナポリからの関心も伝えられ、今冬での移籍の可能性もささやかれているが、同選手は2017年まで残すヴォルフスブルクとの契約を、延長したい考えを明かした。
11/05, 20:18
昨季に1部昇格に貢献したダニーロ。しかし24歳のブラジル人左SBは、つま先の手術によりここまで全休が続いているところだ。そんな同選手との契約は今季いっぱいまでとなっているものの、今の所はまだ延長については口を閉ざしている。移籍金獲得も踏まえ、今冬では延長か売却かの決断が迫られることになるが、果たしてどのよう決断が下されるのだろうか。
11/05, 20:10
新SDに就任したメッケル氏は、かつてニュルンベルクで共に戦ったグラードバッハのヨシプ・ドルミッチに対する関心を明かした。「興味深い選手の一人だ。ここ1年半は思うようにはいないが、クオリティをもった選手だよ。チャンスがあれば、ハノーファーは関心を示すクラブとなるさ。」
2部1860ミュンヘンは、オリヴァー・クロイツァー氏をSDとして招聘したことを発表した。同氏は当時3部にあったカールスルーエでの成功を経て、ハンブルクのSDを勤めた経験を持つ。
ヘルタ・ベルリンはマルヴィン・プラッテンハルトとの契約を2020年まで延長した。もともと契約を2017年まで残していた23歳だが「クラブ、チームメイト、将来性、ファン、街。全てがマッチしていた」とコメント。マネージャーのプレーツ氏は「期待通りの活躍を見せている」主力との延長に喜びをみせた。
ブレーメンはオッツォ・ヴィルタネンが練習に参加することを発表した。フィンランドU21代表は今夏にU23欧州選手権が控えているものの、すでに母国のリーグはシーズンが終了しているため「選手と代理人による依頼があった」ことをクラブ側は明かしている。しかしブレーメンでは第2GKヴォルフの復帰が未定のままとなっており、GKの補強を検討する状況には置かれている。
11/03, 22:23
2部ザントハウゼンは、モーリッツ・クーンとの契約を2018年まで延長したことを発表した。さらに延長のオプションもつけられている。24歳のクーンは2014年に加入、以来11試合に出場している。
11/03, 18:18
Obasi trainiert in Frankfurt mitシャルケではわずか35試合の出場に終わり、今夏よりフリーの状態が続いているチネドゥ・オバシ。ホッフェンハイム時代も含めブンデス通算65試合に出場している29歳のFWは、アイントラハト・フランクフルトで、木曜までトレーニングを行う。
11/03, 03:45
マリウス・ヴォルフが2部1860ミュンヘンとの契約を延長した。先日決勝点を決めたFWは、2019年までの契約にサイン。バシャCEOは「マリウスが決断してくれてとてもうれしい。昨季の2部残留にも重要な得点を決めてくれているし、日曜日のデュイスブルク戦でもそうだった。まさに期待している通りに、これからも成長していくことだろう」と喜びを語っている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker