ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年12月04日

シュトゥットガルトの後任監督候補にヤキン氏

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シュトゥットガルト|後任監督として招聘を希望するルシアン・ファヴレ氏が困難と見られる中、シュトゥットガルトでは懐かしい名前が浮上しているところだ。かつてバーゼルやスパルタ・プラハで監督を務めたムラート・ヤキン氏である。



Dritter Anlauf in der Bundesliga? Murat Yakin spielte für den VfB und Kaiserslautern, wird nun als Coach in Stuttgart gehandelt.
トルコにルーツをもつ同氏は、1997/98シーズンにシュトゥットガルトに在籍。CBやボランチとして23試合に出場した。しかしシュトゥットガルトではあまりうまく事が運ばずに、翌年にはフェネルバフチェに移籍。その後バーゼルを経て2000年にカイザースラウテルンに移籍するも、わずか9試合の出場で再びバーゼルへと戻った。

元スイス代表のヤキン氏はドイツ語が話せ、ブンデスに精通しているという点でも、シュトゥットガルトの条件を満たしているといえる。

マネージャーのドゥット氏はクラムニー暫定監督への支持を強調しているが、明らかに全ての可能性を模索しているところであり、今節の結果次第では後任の模索はさらに加速していくことだろう。

なおそのほかの候補は、2部ザントハウゼンのシュヴァルツ監督。

kicker.de

シュトゥットガルト関連記事



  • ブンデスリーガ・各チーム情報