ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年12月02日

ケルンの大司教が訪問

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケルン|ケルン大聖堂のヴォエルキ大司教がチームを訪れた。同氏は熱烈なケルンファンとしても知られている人物だ。



Erzbischof von Köln Rainer Maria Kardinal Woelki
シュテーガー監督は「彼が幸運をもたらしてくれるように期待しているが、ただ彼はそのために来たわけではないだろう」とコメント。

なお今回は、FCケルンの基金のアピールとしての訪問である。

GKホルンは「彼がケルンのファンであること、いつもスタジアムに来てくれていること、そして応援してくれていることは知っているよ。こういったつながりがあるってことは、素晴らしいことだよね」と述べ、「彼の応援はわかってはいるけど、でもそれに頼らなくてもうまくやれるさ。ただあまり得点が入らないことは、神の恵み次第かもしれないね」と語った。
kicker.de

最近のケルン関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報