ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年12月20日

シャルケ 1−0 ホッフェンハイム

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブンデスリーガ|12月18日の日本時間23時30分(ドイツ時間15時30分)から行われたブンデスリーガ第17節、FCシャルケ04対ホッフェンハイム戦の試合後コメントや写真、この試合のマン・オブ・ザ・マッチを掲載。




MOM:レオン・ゴレツカ
 
シャルケ04
Leon GoretzkaMF:レオン・ゴレツカ
とても強く打撲してしまってね。腫れがなかなか治らなかったんだ。でも一晩たってよくなって、そこで靴に穴をあけるというアイデアがでたんだよ。これはぴったりで、出場することが決まったんだ。
目標からここまで遠くない状況にあると、そんなに難しくないよね。今回の勝利は、後半戦に向けてとても重要なものだったと思うよ。
ただ僕たちはもっと取り組んでいかなくてはならない。これから後半戦に向けてうまく合わせていくため、まだ数週間あるよ。
試合はしっかりとコントロールできていた。そしてリードを奪った。それから一歩が少なくなったよ。こういうことはいけないね。よかったのは勝利を収めたこと。僕の見方ではふさわしいものだったと思う。
ボールをうまく回せたし、CBやボランチがとても落ち着きを与えていたと思うね。ホッフェンハイムの現状もあるだろう。それでもできるだけ早くボールを奪いたかったし、できるだけ相手ゴールまでの距離を大きくしないようにしたかった。
夏のリオ五輪も欧州選手権も大きなイベントだ。A代表で長くプレーすることは、どの選手にとっても目標だよ。もう1試合の経験もあるしね。
でもプレッシャーはない。ブライテンライター監督が欧州選手権の参加の可能性を口にしてくれたことは、むしろ賛辞や評価として受け取っている。

Leon Goretzka
マネージャー:ヘルト
… マティプとの延長交渉について
12月に話し合いを行い、近いうちに話し合いすることで、互いに理解した。それがどの関係者にとっても重要なことだと思っている。
1月のおわりに話し合いをすることになるよ。それまでに決断が下されると見ている。彼と延長を希望していることに変わりはない。
多くのクラブからの関心は寄せられている。残念ながらライバルは存在するのだ。緊張感のある状況だし、まだわからないよ。ただ我々は争奪戦に参戦する。
冬の移籍は、良いオファーがあっても許せないよ。
Tarik Elyounoussi gegen Joel Matip
TSGホッフェンハイム
Huub Stevens監督:ステフェンス
今季を振り返れば、フォランドがU21欧州選手権参加で、準備期間に部分的にしか参加できず、それから多くの試合に出場すればガス欠になるのはわかるはずだ。そこで不振へと陥ってしまうものだし、ケヴィンもそうだよ。しかし問題ではない。今回はケヴィンはベンチからプレーした。すこし楽だったのではないか。いい形で試合に入っていたね。
ルディは主将を務めたのは、彼は選手評議会のメンバーだからだ。彼がいつプレーしていたかは、さして重要ではない。
我々としてはサッカーをしたかったんだ。ポランスキとともにディフェンスでの解決策を見出し、そこでルディはうまくフィットしていたと思うよ。前線にいくためにね。
Sebastian RudyMF:セバスチャン・ルディ
運を掴み取れるようにしないと。それが今はないんだ。後半ではしっかりしたプレーをしていたというのに、それが報われることはなかったよ。
僕たちはステフェンス監督の下で、1歩前進を遂げることができた。でも僕たちの道のりはまだまだ長いよ。後半戦も難しいものになる。僕たちは下位に低迷しているからね。
Mit Kapitänsbinde: Sebastian Rudy (li., hier gegen Leon Goretzka).
写真で見る:シャルケvsホッフェンハイム
FC Schalke 04 - TSG Hoffenheim 1:0


  • ブンデスリーガ・各チーム情報