Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年12月19日

バイアー「もう一踏ん張り」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アウグスブルク|今年最後の試合ハンブルクとのアウェイ戦を前に、ヴァインツィール監督は「フレッシュな選手たちを送り込みたい」とコメント、タフなこの時期を考慮してローテーションを行う考えを述べた。




Augsburgs Mittelfeldspieler Daniel Baier
リーグ戦、ヨーロッパリーグ、そしてポカールを戦ってきたこの数週間。

しかしMFダニエル・バイアーは「負担は言い訳にはならない」との見方を示し、「ハンンブルク戦では、再び自分たちの力を出し切って、それから休暇に入りたい」と意気込みを見せている。

なお、今年最後の試合はアウェイ戦となるが、マネージャーのロイター氏は「勝ち点1を得られれば」良い締めくくりになると考えており、ヴァインツィール監督もハンブルクでの試合を前に「ポジティブに終わりたい」と語った。

Hat das erfolgreichste Jahr der Vereinsgeschichte hinter sich: FCA-Präsident Klaus Hofmann.900万ユーロの黒字

アウグスブルクは木曜日に年次総会を開催。クラブ史上最高の成績を収めた昨シーズン、900万ユーロの利益を計上していたことを発表した。

売り上げは5938万ユーロで、支出は5037万ユーロ。


前会長のゼンシュ氏よりスタッフ運営会社の80%の株を勝ち取り、これを1部残留をつつければ5年で買い取る見込みだ。

アウグスブルクの自己資本は、投資家グループがゼンシュ氏の99%を820万ユーロで買取り、さらに1200万ユーロへと増加。
4部から投資を行い、クラブの近代化、発展に貢献したゼンシュ氏に対しては、アウグスブルクは名誉会長の称号が贈られている。

kicker.de
最近のアウグスブルク関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker