ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年12月18日

U9からトップチームへ駆け上がったフレイ

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レバークーゼン|先週行われたグラードバッハ戦で、ブンデスでニューを果たしたマーロン・フライ。この時にはわずか4分間の出場だったが、その数日後に行われた試合ではその10倍の出場時間を得た。




U9より一貫してレバークーゼンに所属してきた19歳。

火曜のポカール16強ウンターハッヒング戦では、クラマーの負傷に伴い52分から投入され、そのわずか3分後に、キースリングの逆転弾につながるアシストを決めて見せた。

「素晴らしい気分だったよ。あんなにうまくいくなんて」と喜びを見せたフライ。

レバークーゼンではクラマーやカンプルといった自前の選手が主力を担っているのだが、いずれも移籍を経験して戻って来た選手。

その他コール(アウグスブルク)、ダ・コスタ(インゴルシュタット)、メッファート(カールスルーエ)ら、他のトップチームでプレーする選手はいるのだが、ぜひフライやヘンリックス、ボエダーといった若手たちには、今夏に移籍したカストロやライナルツのように、このままレバークーゼンで輝きを放ってもらいたい。


kicker.de
最近のレバークーゼン関連記事