ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年12月17日

マテニア「誇りに思う」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダルムシュタット|12月15日(火)20時30分(日本時間28時30分)から行われた、DFBポカール16強バイエルン・ミュンヘン戦の、試合後コメントを掲載。



バイエルン1−0ダルムシュタット

SVダルムシュタット98
Aytac SuluCB:アイタッチ・スル
抽選の時から、僕たちが敗退すると誰もが思ったんだ。でも僕たちダルムシュタットは、素晴らしいディフェンスを見せられたと思うよ。
でもあの先制ゴールは、ファインゴールとしてカテゴリーに入るほど素晴らしいものだったね。

Mario VrancicMF:マリオ・ヴランチッチ
… バイエルン戦について
チームが見せたパフォーマンスは、申し分のないものだったと思うね。全力を尽くしたし、バイエルンを相手に抵抗できていたと思う。そこに少し貢献できたと思うよ。

… 70分で交代
疲れ切っていたし、2度同じ場所に打撲を受けてね。足に痛みが走っていたんだよ。でもひどいものではない。

… 先発としてチャンスを得た
できればグラードバッハ戦でもアピールできるといいんだけどね、出場機会をもらって。

今は次の試合に向けて100%集中しているよ。そこで勝ち点を得ることが、僕たちの目的だ。個人的な今後の目標については、今のところはとくに考えていない。

Hat in Sachen Aggressivität zugelegt: Darmstadts Mario Vrancic.
Christian MatheniaGK:クリスチャン・マテニア
先制点を許したけど、でも早く仕掛けることで2−0とするリスクをおかすことはしたくなかった。できるだけ長く可能性を残しながら、ラッキーパンチが入るのをまったよ。
自分たちのパフォーマンスを誇りに思う。ドイツのサッカーファンたちは、今回の結果を想像していたはずだ。確かにサプライズは起こしたかったけどね。素晴らしいディフェンスを見せたいと思ったし、それはできたと思う。
Dirk Schuster監督:シュスター
頭を上げてミュンヘンを後にする。気持ちの入った、勇気あるプレーを見せてくれていた。規律があったし、戦術的にも良かったよ。70分間、オフェンシブにプレーしたって、何にもならないしね。むしろセットプレーで対抗しようと思ったのだが、それはうまくいかなかった。ただ全力は尽くした。ただそれでは届かなかったということだ。
Christian Mathenia in München

kicker.de

最近のダルムシュタット関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報