ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年12月15日

移籍情報:12月下旬

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Seltener Jubel im BVB-Trikot: Mitsuru Maruoka.
※タイトルが赤字のものは1部関連、青字は2部に関する記事


ケルンがフィリップ・ムラデノヴィッチの獲得に迫っている。24歳のセルビア人はBATEに所属する左SBで、ドイツ代表ヨナス・ヘクターのバックアップとして、2019年までの契約にサインするとみられる。
「このまま成長をつづけるなら、世界中のクラブが欲しがることだろう」とマネージャーのヘルト氏が数週間前に話していたリロイ・サネだが、英国ガーディアン紙が報じたところによれば、マンチェスター・シティが獲得への希望を抱いており、できることならシャルケ側が求めるとみられる4000万ユーロ以下で獲得したいと考えている模様。なお2019年までのサネの契約には、例外条項は存在しない。
12/31, 19:54
フリー
 
フェリックス・マガト氏が自身の公式フェイスブックにて、サガン鳥栖への就任を見合わせたことを発表した。「訪問した際に触れた文化や人々はとても印象的で、私自身とても刺激を受けたんだ。ただ熟慮と分析を行い、今回のオファーは見合わせることにしたよ」
 
アイントラハト・フランクフルトはメキシコ代表ファビアンの獲得に続き、サボルチ・フスティを獲得したことを発表した。かつてハノーファーでプレーし、その後に中国に渡った32歳のハンガリー人MFとは、2017年までの契約を結んでいる。背番号は、昨季まで乾貴士がつけていた8。 
昨季に1部昇格に貢献しながらも、今季はここまで僅か508分の出場にとどまっているドミニク・シュトロー=エンゲル。同選手に対しては3部ビーレフェルトからの関心が伝えられているが、代理人は「移籍は考えにない」と明言。さらにイギリスからの関心が伝えられるサンドロ=ワグナーも残留の見通しだ。
12/30, 21:39
「最近見せているプレーは、ダイヤの原石のようだよ。そういうタイプのCBは、ブンデスにそういるものではない」とダルダイ監督からの評価を受けたアンソニー・ブルックス。メディアが伝えているところによれば米国代表には、ヴォルフスブルクが関心を示している模様だ。
現在クラブ内で役割を得られていないアダム・シャライ。この夏に行われるユーロ出場にむけても実践の場が欲しい同選手だが、レンタル移籍に向け既に、ハノーファーが最後の詰めの段階に入っているところだ。ハノーファーのバーダーCEOは「ホームストレッチに入った」ことを、地元紙に対して明かした。
12/30, 21:13
今夏にハンブルクへの移籍が目前に迫りながらも、ハンブルクのハント獲得で土壇場で破断となったマルヴィン・フリードリヒ。しかしトップチームでの役割は得られないままであり、首脳陣は再びトライしたいと考えている模様だ。
12/30, 16:37
Gladbach will Kainz verpflichtenグラードバッハはラピド・ウィーンより、23歳のフロリアン・クランツの獲得を目指しているという。これはかつてシャルケでマネージャーを務めた、アンドレアス・ミュラー氏が明かしたもの。「2016年夏での買取にむけてオファーを受けているよ」
12/30, 09:18 Uhr
2014年夏にブンデスから中国へと渡ったサボルチ・フスティ。そんな32歳のハンガリー人MFに対して、アイントラハト・フランクフルトが関心を示しているところだ。フスティはハノーファー時代にブンデス132試合に出場して36得点40アシストをマーク。ゼニトに在籍した経験も持つ。
ディナモ・キエフは、FWアルテム・クラヴェツ(26)がシュトゥットガルトへレンタル移籍することを発表した。ウクライナ代表として欧州選手権出場を目指す同選手としては、FWダニエル・ギンチェクが重傷を負ったなかで、うまくアピールしたいところ。しかしkickerが得た情報によれば、まだ確定にまでは至っていないようだ。
およそ10年間ハノーファーで過ごしたセバスチャン・エルンスト(20)が、トップチームで出場機会を得られないまま、3部マグデブルクへ移籍することを決断した。2017年までの契約を残していた同選手は、同じ期間の契約に合意している。
Reuter und Wörns vereint: Ex-Profi trainiert U 23 des FCAアウグスブルクはクリスチャン・ヴォルムス氏をU23の監督として迎え入れることとなった。66試合の代表経験を持つ同氏は、マネージャーのロイター氏とともにドルトムント時代にともに過ごした経験を持つ。
なお既報通り、サシャ・メルダースの1860ミュンヘンへのレンタル移籍が確定した。同選手のサラリーの一部は、アウグスブルクが負担する。
グラードバッハがヨナス・ホフマン獲得に成功した。移籍金はボーナスが含まれた800万ユーロで、2020年までの契約にサインしている。ホフマンはドルトムントの公式ページにて、チームメイトやクラブ関係者全てに対して、感謝の気持ちを綴った。元U21代表MFに対しては、ハンブルク、ハノーファー、さらにホッフェンハイムも関心を示していた。
すでにサシャ・メルダース(30)、さらにはクラブ間でも合意に達したことを明かしていた、2部1860ミュンヘンのクロイツァーSDだが、同クラブの投資家イスマイク氏からもゴーサインが出されたことが明らかとなった。なおアウグスブルクとメルダースとの契約は2017年まで
Arsenal hat Xhaka auf der Listekickerが得た情報によれば、グラードバッハがヨナス・ホフマン獲得に成功。移籍金は800万ユーロとみられ、本日中にも確定するとみられる。契約期間は2020年まで。
 
なおCBに多くの負傷者を抱えるグラードバッハでは、RBザルルブルクのマルティン・ヒンターエッガーへの関心が伝えられていたが、しかしすでに興味は冷めている模様。
 
その一方でグラニート・シャカに対しては数多くの関心が寄せられており、特にアーセナルが強い興味を抱いている模様だ。契約は2019年までで、まだ具体的なオファーはアーセナルからは届いていない。
 
12/29, 17:24
12月なかばに既にお伝えしていた通り、サシャ・メルダース(30)が今冬にも、アウグスブルクを後にすることになった。2部1860ミュンヘンが強い関心を示していたが、クロイツァーSDはすでに「選手、クラブ間で合意に達した」ことを明かしている。
12/29, 03:37
ジャンルカ・ガウディーノの移籍が迫っている。今季は4部の下部チームにてプレーするテクニシャンは、バイエルンのトッップチームでは将来性を見出せる状況にはなく移籍を希望。ドイツ国内のほか、プレミアやスペインからも関心が寄せられている。
また19才のシナン・クルトも実戦経験を積むため、レンタルでの移籍を模索しているとこであり、若きレフティに対してはヘルタ・ベルリンが大きな関心を示している。
12/28, 23:22
今季はバックアップGKとしてシーズンを戦っているロマン・ヴァインデンフェラーだが、ボルシア・ドルトムントは今季まで残す35才の元ドイツ代表GKとの延長を希望しているところだ。ツォルクSDは「彼とよろこんで1年延長に合意するだろうね」との考えを示した。
12/28, 20:59
来夏に行われる欧州選手権出場を実現するために、実戦経験を必要としているアダム・シャライ。シャルケより加入するもギズドル前監督、そしてステフェンス監督の下でも役割を得られていない同選手には、ハノーファーより関心が伝えられるも、レンタルのみ検討しているようだ。なお海外から多くの関心も寄せられており、プレミア最下位のアストン・ヴィラが1つの候補となっている模様。
12/28, 20:38
前半戦で力強いパフォーマンスを披露したミッチェル・ヴァイザー。今夏にはシャルケ、フランクフルト、ベンフィカやプレミアのクラブからも関心が寄せられた21才とは、ヘルタ・ベルリンは2018年までの契約を結んでいるものの、早期の延長締結を希望しているようだ。
12/28, 19:33
英国のメディアは、オフェンスの強化を目指すマンチェスター・ユナイテッドが武藤嘉紀の獲得に1000万ポンド以上を用意しているようだと伝えたが、しかし同クラブ関係者からの接触は特になく、さらにマネージャーのハイデル氏は武藤の今冬の移籍について、まったく考えにないことを明かしている。
12/28, 19:33
ヨナス・ホフマンはどうやら、グラードバッハ移籍の流れにある模様だ。昨季はマインツへレンタル移籍していた同選手だが、再レンタルは避けたいと思っているところ。クラブ間での具体的な話し合いはまだだが、移籍金額は最低でも700万ユーロにはなるはずだ。なお23才の攻撃的MFに対してはグラードバッハのほか、ハンブルク、そしてハノーファーからの関心が伝えられている。


Schaaf übernimmt bei 96
フロンチェク監督の辞任からほどなくして、ハノーファーはトーマス・シャーフ氏が後任として就任することを発表した。ブレーメンで長期間、さらに昨季はフランクフルトを指揮した同氏とは、2017年までの契約を結んでいる。
 


12/28, 0426
年内いっぱいまでマルメFFにレンタル移籍していたニコラ・ジュルディッチが、母国セルビアのメディアに対して以下のように語った。「アウグスブルクにシーズン終了まで残る可能性は、結構あると思うよ。多くの要素を考え、居場所をチームで見いだせるようにしていきたいね」
12/27, 23:15
ザンブラーノ、アブラーム、ルスも負傷していたフランクフルトは、現在シャルケのカーン・アイハンを買い取りオプション付きでレンタルしたいと考えているところだ。なお同選手はCBのみならず、今季は固定できていない右SBとしてもプレーが可能。
 
2014年冬に、香川真司と道を辿ってセレッソ大阪からドルトムントへと渡った丸岡満。しかし若き日本人MFはそこでブレイクを果たすには至らないまま、2年のドイツ挑戦を終えセレッソ大阪に復帰することとなった。
 
Fabian unterzeichnet bis 2019既報通りアイントラハト・フランクフルトは、メキシコ代表マルコ・ファビアンを獲得した。26歳のMFとは2019年までの契約を結んだことが発表されている。グアダラハラから母国クルス・アスルにレンタル移籍していた同選手は、2012年のロンドン五輪で金メダル、2014年のブラジルW杯も代表メンバーに名を連ねた。
シュトゥットガルトでの将来性がなかなか見出せない状況にあるオディッセアス・ヴラホディモス(21)が、移籍を視野に入れていることを明かした。「ドイツに残りたいけど、全ての可能性を残している。どんな可能性があるのか見てみるよ。」
12/24, 18:31 
ラ・レパブリカによれば、2014年に関心が伝えられたナポリが引き続き、ドイツ代表MFクリストフ・クラマーに関心を持っているようだ。
12/24, 18:30
伊 誌コリエ・デロ・スポルトによれば、11月に関心が伝えられたユベントスが引き続き、ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンに対して関心を持っているようだ。今夏にドルトムントと1年延長で合意した同選手との契約は2017年までとなっており、来年のはじめにも将来に向けての決断が下されるとみられる。
12/24, 02:49
現在ハンブルクで役割を得られていないアルチョムス・ルドネフスだが、今季はむしろプライベート上での問題に苦しんでおり、クネーベルSDは「彼はハンブルクに傾倒している」とコメント。移籍の考えがないことを強調している。
2部フォルトゥナ・デュッセルドルフは新たに指揮官として、マルコ・クルツ氏を招聘したことを発表した。カイザースラウテルンや、ホッフェンハイム時代では宇佐美貴史を指導した経験を持つ同氏との契約期間は、2017年まで。


12/28, 0426
年内いっぱいまでマルメFFにレンタル移籍していたニコラ・ジュルディッチが、母国セルビアのメディアに対して以下のように語った。「アウグスブルクにシーズン終了まで残る可能性は、結構あると思うよ。多くの要素を考え、居場所をチームで見いだせるようにしていきたいね」
12/27, 23:15
ザンブラーノ、アブラーム、ルスも負傷していたフランクフルトは、現在シャルケのカーン・アイハンを買い取りオプション付きでレンタルしたいと考えているところだ。なお同選手はCBのみならず、今季は固定できていない右SBとしてもプレーが可能。
 
2014年冬に、香川真司と道を辿ってセレッソ大阪からドルトムントへと渡った丸岡満。しかし若き日本人MFはそこでブレイクを果たすには至らないまま、2年のドイツ挑戦を終えセレッソ大阪に復帰することとなった。
 
Fabian unterzeichnet bis 2019既報通りアイントラハト・フランクフルトは、メキシコ代表マルコ・ファビアンを獲得した。26歳のMFとは2019年までの契約を結んだことが発表されている。グアダラハラから母国クルス・アスルにレンタル移籍していた同選手は、2012年のロンドン五輪で金メダル、2014年のブラジルW杯も代表メンバーに名を連ねた。
シュトゥットガルトでの将来性がなかなか見出せない状況にあるオディッセアス・ヴラホディモス(21)が、移籍を視野に入れていることを明かした。「ドイツに残りたいけど、全ての可能性を残している。どんな可能性があるのか見てみるよ。」
12/24, 18:31 
ラ・レパブリカによれば、2014年に関心が伝えられたナポリが引き続き、ドイツ代表MFクリストフ・クラマーに関心を持っているようだ。
12/24, 18:30
伊 誌コリエ・デロ・スポルトによれば、11月に関心が伝えられたユベントスが引き続き、ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンに対して関心を持っているようだ。今夏にドルトムントと1年延長で合意した同選手との契約は2017年までとなっており、来年のはじめにも将来に向けての決断が下されるとみられる。
12/24, 02:49
現在ハンブルクで役割を得られていないアルチョムス・ルドネフスだが、今季はむしろプライベート上での問題に苦しんでおり、クネーベルSDは「彼はハンブルクに傾倒している」とコメント。移籍の考えがないことを強調している。
2部フォルトゥナ・デュッセルドルフは新たに指揮官として、マルコ・クルツ氏を招聘したことを発表した。カイザースラウテルンや、ホッフェンハイム時代では宇佐美貴史を指導した経験を持つ同氏との契約期間は、2017年まで。
Pep Guardiolakickerが信頼性のある英国の情報源より得た情報によれば、ペップ・グアルディオラ氏は来季より、マンチェスター・シティにて指揮を執ることになる模様だ。なおすでにバイエルンは後任として、カルロ・アンチェロッティ氏の来季からの就任を発表している。
96 verpflichtet Norweger Fossumフロンチェク監督の辞任が発表されてから二日、ハノーファーは先日の山口螢につづき、アイヴァー・フォッスム(19)と「長期間」の契約で獲得したことを発表した。身長180cmのMFは、今季はノルウェー1部2位となったストレームスゴトセトIFで34試合に出場、12得点9アシストをマークしている。背番号は18。
今夏よりレンタル移籍中のドニス・アヴディヤイだが、このまま引き続き後半戦も、シュトゥルム・グラーツにレンタルされることになりそうだ。同クラブのマネージャーを務めるゴルドリヒ氏が明かしている。
 
12/23, 18:50
Usamiスポニチが伝えたところによれば、宇佐美貴史の獲得を目指すシュトゥットガルトだが、ライバルとしてオランダ1部のPSVが浮上しているようだ。2011年にバイエルン、そしてホッフェンハイムに所属した同選手は、今季Jリーグで19得点をマーク。マルセイユからの関心も伝えられていたものの、CL出場ならばどうか。PSVは今季、CL決勝トーナメント進出を果たしている。
12/23, 18:33
Schuster sucht Offensivmann - und hat einen Traumシュスター監督は、今冬はオフェンスの補強を目指す考えを明らかにした。「ディフェンスに関してはうまく編成されていると思う。オフェンスでは得点力じぇの脅威を増すために、さらなるクオリティを加える必要があるだろう。選手たちを信頼しているが、市場から目をそらすことはできない。新戦力はプレーの面でも性格の面でも、そして金銭面でも合致したものでなくてはならないよ」
12/23, 00:27
Gladbach bindet Ndengeグラードバッハは18歳のMFウィリアン・エンデゲとプロ契約を締結した。2019年までの延長で合意に至ったエベールSDは「とても良く成長している。ブンデスまで駆け上がれるだろう。1月から定期的にトップチームの練習に参加するよ」と語った。同選手は現在、4部相当のU23にてプレーしている。
12/22, 23:47
フランクフルトがCBを模索。その有力な候補として、カーン・アイハン(21)の名前が浮上しているところだ。shるけとの契約を2017年まで残す同選手だが、今季は出場機会の確保で苦戦を強いられている。
ケルンとの契約を来夏まで残るルーカス・クエト。延長は特にテーマとしてはあがっておらず、同選手の移籍は近づいているところだ。今冬の移籍の可能性もあり、特にブンデス2部のクラブからの関心が寄せられている。
12/22, 03:18
ケヴィン=プリンス・ボアテングが来年より、ACミランへ復帰することが、ガリアリ氏の口から明かされた。2016年まで残されていたシャルケとの契約はすでに解消で合意、ミランとの契約は今夏までとみられている。
12/21, 23:23
今夏にも移籍が取りざたされ、来夏でのレバークーゼン移籍も噂されるダニエル・ディダヴィ。シュトゥットガルトとの契約を今季まで残す25歳のプレーメイカーだが、kickerが得た情報によれば来季は、ニュルンベルク時代に指導を受けたヘッキング監督が指揮を執る、ヴォルフスブルクへと向かっている模様だ。
12/21, 22:22
2部デュイスブルクは、ラシャ・ドヴァリとの契約を解消した。グルリッチSDによれば「家族のいるグルジアへの帰郷を希望してきた」という。今夏にレディングより加入した同選手だが、ここまで出場機会の確保に苦しめられていた。
12/21, 21:53
バイエルンとの契約を今季いっぱいまで残すヤン・キルヒホフ(25)に対して、プレミアのサンダーランドが関心を示している。バイエルンとしては妥当な金額さえ提示されるならば、今冬の移籍に特に障害を設けることはないだろう。
12/21, 21:50
フリー
L'Equipe: Lyon lockt Favreグラードバッハの監督を辞任して3ヶ月が経つルシアン・ファヴレ氏。フランスのレ・キップが伝えたところによれば、リヨンの会長は数日以内に監督を更迭し、ファヴレ氏を招聘したい考えを持っているという。
12/21, 21:50
今夏より相次ぐ負傷に見舞われ、ここまで未だ出場機会を得らていないサミ・アラグイ。29歳のチュニジア人FWとの契約は今季までだが、ヘルタ・ベルリンはすでに同選手に対して、新たな契約を提示している。
12/21, 19:59
フリー
Magath 先日サガン鳥栖とのつながりが伝えられたフェリックス・マガト氏は「これからも話し合いを続けていく。また海外で仕事をしたいということは、これまでにも口にしてきたことだ。まだ決断は下してはいないがね」と語った。
12/21, 19:40
ユースから飛躍を果たしたパトリック・エラスが、今季までとなっていた2部ニュルンベルクとの契約を延長したことを発表した。20歳の若手は「ニュルンベルクからの信頼に感謝している。後半戦も、その後のシーズンも、ここでの時間を楽しみにしているよ」と喜びを語った。
12/21, 19:15
ウィンガーとCBの補強を目指すグラードバッハは、ヴォルフスブルクのロビン・クノッヘをリストアップしている模様だ。23歳のCBは今季、ダンテの加入により出場機会の確保に苦しんでおり、ヴォルフスブルクとの契約を2017年まで残している。
12/21, 19:02
Yamaguchi bei 96 gelandetミヒャエル・フロンチェク監督の辞任を発表したハノーファーは月曜、セレッソ大阪から日本代表MF山口螢を獲得したことを発表した。背番号は16。日本代表として24試合に出場した同選手について、バーダー氏は「ブンデスで通用するクオリティを持っていると考えている。定位置争いを激化させてくれるだろう」と期待を語った。
12/21, 16:19
前半戦最終節では先発出場したものの、出場機会を思うように得られない状況にあるヨナス・ホフマンに対しては、すでにホッフェンハイムやグラードバッハ、ハノーファーさらにハンブルクからの関心が伝えられているところだ。なお2018年まで契約を残す23歳のウィンガーが、昨季はマインツへレンタル移籍していたものの、再レンタルは避けたいと考えている。
12/21, 04:53
今季公式戦10試合目の出場を先発で果たしたフロリアン・グリリッチュが、基準を満たしたことにより自動的に、契約を2017年まで延長したことが明らかとなった。この試合では致命的なミスをおかした若手だが、ブレーメンは同選手のポテンシャルを評価、今冬にも契約更新の話し合いが模索されるとみられる。
前半戦最終節レバークーゼン戦は休養のため、ベンチで見守っていたラマザン・エズカンだが、オーストリア代表GKは今季までとなっていたインゴルシュタットとの契約を、2019年まで延長したことを発表した。
Bestätigt: Guardiola geht, Ancelotti kommtFCバイエルンは日曜、契約を今季まで残すペップ・グアルディオラ監督が、今季限りで退任することを発表した。同氏との契約延長を模索したバイエルンだが、既に後任としてカルロ・アンチェロッティ氏の就任を発表している。契約は2019年まで。
日曜にシュトゥットガルトは、ユルゲン・クラムニー暫定監督が、正式にトップチームの監督に就任することを発表した。シュトゥットガルトは同氏と2017年までの契約を結んだことを発表。「特に現状を思えば、大きな責任を感じている。このタスクにとても燃えているよ。」と、クラムニー氏は意気込みを見せた。
なお同氏の昇格にともない、ヴァルター・トマエ氏も引き続き、U23の監督を務めることが発表されている。
Eintracht holt mexikanischen Nationalspieler Fabianフランクフルトが最初の新戦力を迎えることになった。2012年ロンドン五輪で優勝し、昨夏のW杯にも参加したメキシコ人の攻撃的選手マルコ・ファビアン(26)。月曜日にも3年契約にサインするとみられ、移籍金額は350万ユーロとなる模様。
12/18, 23:44
Hannover vor Deal mit Yamaguchiどうやら間もなくしてハノーファーは、3人目の日本人選手を獲得することになりそうだ。日本のメディアによれば、J2セレッソ大阪に所属する山口螢は既にドイツへと向かっているとのこと。大熊SDは問い合わせがあったことを認め、時事通信に対し「残留させたかったが、条件が満たされればそれはできない」と述べている。
ニコ・ブンガートが自身のフェイスブックにて、マインツとの契約を延長したことを明かした。2008年に加入した29歳のCBは、2019年までの契約に応じている。
12/18, 20:35
ヘルタ・ベルリンは、GKルネ・ヤールスタインとの契約を、2019年まで延長したことをTwitterで発表。さらにマネージャーのプレーツ氏も「彼は契約を勝ち取るのにふさわしいプレーを見せた」とのコメントを寄せている。
FCバイエルンから、一足早くファンたちへのクリスマスプレゼントが発表された。金曜日にバイエルンは4人の主力、ジェローム・ボアテング、トーマス・ミュラー、ハビ・マルティネス、そしてシャビ・アロンソとの契約延長を発表している。なおミュラーとボアテング、そしてマルティネスの新たな契約期間は2021年まで、アロンソは2017年まで。
12/18,, 18:40
長澤和輝がケルンをあとにすることが明らかとなった。23歳のMFは前半戦終了後、母国日本に戻り、浦和レッズでプレーする。なおケルンとの契約は2018年まで残されていた。2014年1月からケルンに加入した同選手は、ここまでブンデス21試合に出場。しかし今季の前半戦では、わずか1試合の出場のみにとどまっていた。
ケルンは金曜、マティアス・レーマンと2017年までの契約を結んだことを発表した。シュテーガー監督は「プレーの面でも人間性でもチームのフィックスポイントであり、若いチームにあって重要なリーダーだよ」と賞賛。

2部フライブルクは、RBザルツブルクからハヴァルト・ニールセン(22)を獲得した。契約に関する詳細は、特に明かされていない。
12/18, 01:59
これまでブンデス92試合に出場してきたベテランFWサシャ・メルダースだが、今季はわずか5試合の短い時間の出場にとどまっており、メンバーから外れることも珍しくはなかった。そんな中、kickerが得た情報によれば同選手は今冬の移籍を目指しており、1860など2部の複数のクラブから関心が寄せられている模様だ。
12/18, 01:59
アオゴの離脱でチャンスをつかみ、特にオフェンス面での良さを見せ、アピールに成功したセアド・コラシナツ。今季は2番手として控えることが多かったボスニア・ヘルツェゴビナ代表には、イタリアのメディアが報じたところでは引き続きASローマが関心を示しているものの、マネージャーのヘルト氏は「憶測とは異なり、我々は彼を放出する考えはない」と述べた。
12/17, 20:54
Yamaguchi今冬の補強を目指すハノーファーだが、その候補者としてセレッソ大阪の山口螢がリストアップされている模様。日本の日刊スポーツが伝えている。大熊SDはまだオファーは届いていないと述べているものの、まもなくして移籍金やサラリーに関する接触があることだろう。
12/17, 20:53 
負傷からの完全復活を目指しているアレクサンダー・バウムヨハン。契約は今季までだが、マネージャーのプレーツ氏は「前半戦のアレックスにはとても満足している。話し合うことになるよ。今後も彼をプランに入れている」と語った。
その一方で、同じく負傷から復調を目指すエニス・ベン=ハティラも契約は今季までだが、kickerが得た情報によれば、こちらは延長が見送られる模様。
12/17, 16:10
Kein Wechsel im Winter: Schalkes Joel Matip.
契約を今季まで残すジョエル・マティプ。プレミア移籍への可能性が既に伝えられており、シャルケとの延長交渉は停滞しているところだが、ブライテンライター監督は今冬に同選手を手放す考えがないことを明言した。「今冬の移籍に関しては、私は容認できないよ」もしもこのまま延長できなければ、シャルケは今夏に移籍金なしでカメルーン代表を手放すことになる。
12/16, 21:59
Claytonブラジルの若き才能クレイトン(20:フィゲイレンセFC)について、同選手の代理人がブラジルのメディアに対して、ヴォルフスブルクからの関心を認める発言を行ったが、kickerに対してマネージャーのアロフス氏は「そこまで彼のことは知らないし、テーマとはなっていないよ」と明確に関心について否定した。なおヴォルフスブルクはU19代表ヤネス・ホルン(18)、そしてAユースでプレーするアントン・リンダーン・ドンコール(18)と、ともに2020年までのプロ契約を結んでいる。

12/16, 17:30
kickerが得た情報によればヘルタ・ベルリンは、若手ヤニ・レーゲゼル(19)に対してプロ契約を提示した模様だ。だが同選手の代理人は金銭面でまだ交渉の余地があることを明かしており、負傷離脱中のペカリクの復帰など、将来についても検討する必要がある。そのため早期の締結ではなく、2月までずれ込む可能性もあるだろう。
12/16, 08:26
Renato Augustoビルトが報じたところによれば、シャルケはレナート・アウグストに関心を示しているという。コリンチャンスでリーグ戦を制した27歳のブラジル人MFは、2008年から2012年までレバークーゼンに在籍。ブンデス101試合に出場して、8得点21アシストをマークしている。アウグストはブンデス復帰を希望しており、移籍金額は1000万ユーロが見込まれているところだ。
12/16, 02:57
フリー
Ex-Mainzer-Coach Kasper Hjulmand kehrt nach Nordsjaelland zurückかつてマインツで監督を務めたカスパー・ヒュルマンド氏が、1年を経て古巣ノアシェランの監督に復帰することが明らかとなった。2008〜2014年まで同クラブに所属した43歳は、2016年1月から指揮をとる。
アオゴの離脱によって掴んだチャンスを、見事に活かしているセアド・コラシナツ。イタリアのメディアが伝えたところによれば、今夏にも関心が伝えられたASローマが、同選手を引き続き注視している模様だ。ボスニア・ヘルツェゴビナ代表とシャルケとの契約は2017年まで。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報