ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年12月15日

キースリング獲得を目指すハノーファー

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


ハノーファー|補強を目指すハノーファーだが、マルティン・バーダー氏は特にFWの市場に目を向けているところだ。「メンタリティや性格が重要になる。いくつかポイントとなるところがあるよ」

Sané vs. Kießling
「うちは安定感と財力をもったクラブだ。1月から大きな助けとなり、そして残留を果たせばその後も残ってくれる可能性はあるよ」
ホッフェンハイムとの下位決戦で、0−1と無得点で敗れる結果となったが、同氏は「ゲームを作る上で、相手の危険なゾーンへコンビネーションを使って侵入することが難しくなっている。当然1対1や、ビッグチャンスとは言い切れない状況でも決められるクオリティが不足しているというのもあるだろうがね。特にここ数週間は、あまりにも得点チャンスを作り出せていない」とコメント。
清武やベックらが負傷により離脱している状況もあり、「彼らが離脱しては、FWに得点への自信を持たせることは難しい。オフェンスには不安ではなく確信が求められるのだ」との考えも語った。
そして得点力のあるFWを移籍市場で目を向けたとき、週末に進展がみられたのが、レバークーゼンの31歳シュテファン・キースリングだ。レバークーゼンは放出に否定的な見方を示しているものの、ニュルンベルク時代に同選手を知るバーダー氏は、獲得に向けて自信を覗かせている。
なお最下位との勝ち点差は1という状況の中で、最終節は王者バイエルン戦をホームで迎え撃つが、バーダー氏は「5万人近くの、バイエルンが苦しむところを見たい人々があつまる。我々としてはスペースをあまり与えずに苛立たせたいところだね。全力を尽くし、あとは結果を見てみるさ」と意気込みを見せた。
kicker.de

最近のハノーファー関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報