ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年12月12日

負傷者続出に嘆くグアルディオラ監督

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バイエルン|負傷者リストのなかに、再びリベリとベナティアが加わったバイエルン・ミュンヘン。グアルディオラ監督は「数試合は戦えても、シーズンは戦えない。数だけではなく、我々には選手が必要なんだ」と語った。



Pep Guardiola
だがその一方で「だがなぜラーム、ラフィーニャ、そしてレヴァンドフスキらは、同じ練習をしていて負傷をしないのだろうか?1つのミステリーだよね」とも付け加えている。

なお今節の相手である昇格組インゴルシュタットについては「あまり失点しない、いいメンタリティをもったチームだ。とても強固でいいプレスもあるね」と評価。

試合については「我々次第だ」との見方を示し「いかに激しく、集中してプレーできるかだよ」と述べた。

また前節敗れたグラードバッハ戦では、昨季CLのレアル、バルサ戦と同様に、失点からすぐに追加点を奪われる傾向を露呈したが、グアルディオラ監督は「この状況を改善しないと。失点はしても安定感は失ってはいけない。年1くらいならいいけどね」とコメント。

「私としては試合をボールをキープし、試合をコントロールしたい。ボールをちゃんとまもって仕掛けていきたいね」との考えを口にしている。







最近のバイエルン関連記事