ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年12月11日

バルガスに対してFIFAが調査

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホッフェンハイム|11月18日に行われた代表戦ウルグアイ戦において、2度観衆に対して中指を立てる仕草を見せていたバルガスだが、FIFAがこの件について調査を行っていることが明らかとなった。
交代時、さらには試合後にも同様の仕草を見せていたチリ代表FW。
これまでFIFAが調査に動くかどうかはまだ明らかになっていなかったのだが、FIFAはキッカーに対して調査を行っていることを認めた。
これによりバルガスは、来年に行われるW杯予選を欠場する危機に瀕したことになる。
ただしホッフェンハイムは現在残留争いを強いられており、その期間を準備に費やすことが可能だ。


kicker.de

ホッフェンハイム関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報