Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年12月10日

ハードリング「降格で終えたくはない」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホッフェンハイム|31歳のオールラウンドMFカイ・ハードリングにとって、2015年は試練の年だ。膝の負傷により長期離脱を余儀なくされているベテランは、現役続行への意欲、引退後への思い、そしてチームの現状について語った。




TSGホッフェンハイム
Huub StevensMF:カイ・ハードリング
… 怪我について
左ひざに深刻な問題があったんだ。何が原因だったかをはっきりと言うことはできない。すぐに水が溜まってしまってたんだよ。それで特に大腿筋のうら側に痛みを感じていたんだ。

そこで僕は、痛み止めを摂取しながらプレーするという間違いをおかしてしまった。そのうち慢性化してくるもので、この夏には1つの決断を下したんだよ。苛立ちに耐えながら、リハビリを行ってきたんだ。

今はある程度は安定している。まだ反応は見られるけどね。でもまたフルメニューには参加できているし、チームに徐々に入っていこうとしているところだよ。

… 契約について
確かに今季で切れてしまうけど、でも僕のことを知っている人は、僕がこれまでに逆境をはね返してきたことを知っているさ。膝がどうなるのかをまず見てみて、それからさらにプレーできるのかを判断しなくてはならないよ。

ホッフェンハイムは自分のクラブだし、ここで現役生活を終えることだって想像できるさ。

今はいろんなことを考える時間がある。現役も続けたいけど、監督はどうだろう?うまくやれるという自信はもっているんだ。

常に気づいたことをメモしているんだよ。監督が気に入っていること、どういう練習が自分がみていいと感じるか、どれが違うか。僕の好みのスタイルとかをね。それも興味深いものさ。

… チームの現状について
サッカーはメンタルが影響するスポーツだ。自信が不足していると、ついつい安全策をとりがちになってしまうもの。今はリラックスした気持ちが不足しているのさ。それは下位に低迷するチーム全てにいえることで、いかに力を発揮できないものかは、昨シーズンのドルトムントが前半戦で見せているよ。

でも僕は2部降格でキャリアを終えたくはない。
Lange Leidenszeit: Vor knapp einem Jahr bestritt Hoffenheims Kai Herdling sein letztes Bundesligaspiel.
kicker.de

ホッフェンハイム関連記事


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker