ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2015年12月07日

スボティッチ、今冬に話し合い

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドルトムント|クロップ前監督時代ではまでは主力を担いながらも、トゥヘル新監督の下では、フメルスとソクラテスの後塵を拝しているネヴェン・スボティッチ。




Dortmunds Neven Subotic, hier gegen Wolfsburgs Julian Draxler.
その2選手が病気のために欠場したため、ヴォルフスブルク戦では実に9週間ぶりの先発出場を果たし、実戦経験の不足を克服して好パフォーマンスを披露した。

「四六時中、僕は戦い続けるよ。それ以外にできることなんてないんだ」と同選手。

移籍のプランについては「まだ冬までに数試合あるから」明言を避けているが、冬季期間中に話し合いを行うということを示唆しているといえるだろう。

実際にツォルクSDは「状況について話し合う」ことを認めているのだが、しかしそれと同時に「うちがあえて放出する理由は特にない」ことも強調している。

kicker.de

最近のドルトムント関連記事