ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年01月01日

移籍情報:1月上旬

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


バルト・フィネの2部ハイデンハイム移籍が間近に迫っている。ノルウェーのユース代表FWは金曜の練習には参加せず、移籍の詳細を詰めるためハイデンハイムへと向かっており、あとはメディカルチェックをすませ2018年までの契約にサインする模様だ。
2部ザントハウゼンは、シュテファン・クロヴィッツとの契約を延長したことを発表した。32歳のMFは、今季までとなっていた契約を2017年まで延長している 
かつてブレーメンでプレーしたウーゴ・アルメイダ(31)のハノーファー移籍が迫っている。まだクラブからの正式発表はないものの、かつての恩師シャーフ監督との共闘がまもなく確定する模様。ポルトガル代表として30試合の出場経験をもつFWは、サラリーなどあとは詳細を詰めるのみとなっており、契約期間は2017年まで。移籍金は、既にアンジ・マハチカラとの契約を解消しているため発生しない。
01/15, 22:05
イタリアでは現役引退も伝えられたミロスラフ・クローゼだが、一方で代理人はまだ決断はくだされておらず、恐らくは来季も現役を継続するとの見方を示している。
2部ニュルンベルクと既に移籍で基本合意しているゾルタン・シュティーバー。100万ユーロでの買取オプションつきでのレンタルを目指しているところだが、負傷者などの影響もあり、まだハンブルクとの合意には至っていない。
01/15, 21:10
リヴァプールからのジョエル・マティプに対する関心が伝えられているが、このことについてユルゲン・クロップ監督は肯定も否定もすることはなかった。なおマティプとシャルケとの契約は今季いっぱいまでであり、夏での獲得には移籍金は発生しない。
01/15, 20:36
2部カールスルーエのレネ・フォラートが、今季までとなっていた契約を2018年まで延長したことを発表した。25歳のGKは2013年に加入。以来、2部8試合に出場している。
インゴルシュタットはダリオ・レスカノを獲得したことを発表した。今季スイス1部ルツェルンにて、公式戦14試合で11得点をマークしたFWとは、2020年までの契約を交わしている。なお移籍金額は、昨夏カチュンガ獲得で記録した150万ユーロを上回る、クラブ史上最高額の250万ユーロ。
01/15, 18:28
かつてシュトゥットガルト、ヴォルフスブルクでプレーし、バルセロナやアーセナルにも在籍したアレクサンドル・フレブが、BATEより、トルコ1部で残留を争うゲンチレルビルリSKへ復帰することが明らかとなった。
今季思うように出場機会を得られていないアダム・フロウシェク。加えて本職の左サイドではなくCBでオプションとなっている同選手には、母国チェコのスラヴィア・プラハより関心が寄せられているところだ。しかしチェコ代表経験もあるフロウシェクは、シュトゥットガルト残留への意欲を見せている。
vv
01/15, 06:04
グラードバッハとの契約を2017年まで残すラファエル。クラブ側は32歳のブラジル人MFとの延長を望んでおり、ラファエル自身も「ここで居心地よく過ごしている」ことを強調している。
一方で2007年から在籍し、契約を今季まで残すロエル・ブラウヴェルスは、現在は延長、引退、移籍の全てのオプションについて考慮しているところだ。
FWを模索しているヴォルフスブルクでは、現在ストーク・シティのマメ・ディウフへの関心が伝えられているところだが、kickerが得た情報によればストークは、売却のみに応じる構えの模様。
その一方でバーゼルのブレール・エムボロへの関心も伝えられているのだが、こちらにはレアルやバルサなどの関心も伝えられており、当初伝えられていな移籍金2500万ユーロよりもさらに高額になる傾向にある。
また19歳の左SBヤネス・ホルンに対してアーセナルとリヴァプールが関心を示していたが、同選手は断りを入れたようだ。
01/15, 02:28
2部ビーレフェルトは、24歳のFWジョアン・エドムンドソンをテスト生として参加させている。36回の代表経験を持つフェロー諸島出身の同選手は、デンマーク2部にて14試合に出状、6得点をマークしている。
その一方でビーレフェルトのヨナス・シュトリフラー(25)が、4部ヴァルトホフ・マンハイムへ移籍することとなった。契約期間は2017年まで。
01/15, 00:43
アンジ・マハチカラは、ユーゴ・アルメイダとの契約を解消した。かつてブレーメンでプレーしていた同選手は、当時の指揮官シャーフ氏が率いるハノーファーとのつながりが指摘されている。
ハンブルクはマルセロ・ディアスに対する、セルタ・デ・ビーゴからの関心を認めた。負傷によりキャンプに帯同していないチリ人MFだが、思うように出場機会を得られていないことから、最近は移籍の可能性が取りざたされている。
その一方で2部ニュルンベルクは、ゾルタン・シュティーバーと移籍で合意したことを明かした。まずはレンタルでの加入となるようだが、買い取るオプションも付けられる模様。
01/15, 00:30
インゴルシュタットがまもなくして、クラブ最高額の移籍金でダリオ・ラスカーノを迎え入れることになりそうだ。これはかつてブンデスで指揮をとったルツェルンのバベル監督が明かしたもので、移籍金額は250万ユーロになるという。


バス・ドストの骨折が伝えられたヴォルフスブルクでは、現在FWについて移籍市場をチェックしているところであり、かつて獲得に動いたマメ・ディウフを注視している模様だ。かつてハノーファーでプレーしたセネガル人FWに対しては、1度ヴォルフスブルクが獲得に動いたものの、結局ストーク・シティへと移籍している。
01/14, 01:22
ブレーメン時代にブンデス117試合で41得点をマークしたユーゴ・アルメイダだが、大衆紙ビルトはかつて同選手を指導したシャーフ監督率いるハノーファーへの移籍について伝えている。
Bayer angelt sich St.-Pauli-Talent Sam Schreckレバークーゼンは2部ザンクトパウリより、サム・シュレックを獲得した。ドイツU17代表は来季より、レバークーゼンのユースにてプレーすることになる。
ヤクブ・シルヴェストルが2部ニュルンベルクから、同じく2部パダーボルンへ移籍することとなった。2014年にアウエから加入した同選手だが、ヴァイラー監督の下では役割を失っていた。
2部1860ミュンヘンは、若手DFフェリックス・ウドゥオカイとプロ契約を締結した。新しい契約期間は2019年まで。
01/13, 19:56
現役引退
伊紙ラ・リパブリカが水曜日に封じたところによれば、元ドイツ代表FWミロスラフ・クローゼがラツィオ退団間近にあるという。そして複数のメディアでは米国、中国、さらに中東からのオファーに断りを入れている模様で、ラ・リパブリカでは選手生活にピリオドをうち、ドイツのユース代表などでコーチ業を行う方向へ向いているとのこと。
01/13, 18:19
CBを模索するシュトゥットガルト。リストアップされている選手の中に、トッテナムのケヴィン・ヴィマーとFCカプリのシモーネ・ロマニョーリが挙がっている模様だ。しかしトッテナムはバックアップにも関わらず保持を希望しており、カプリは主力の放出に応じるか、獲得に厳しい状況にある。
既報通りマリウス・ゲルスベックの3部ケムニッツへの移籍が迫っている。契約を2017年まで残す同選手だが、kickerが得る情報によれば2018年まで延長して、早期の復帰のオプションをつけた上で1年半のレンタル移籍をする模様。ペトリーGKコーチは「正しいステップ」との見方を示した。
同じく2017年まで契約を残すジョン=アンソニー・ブルックスとの延長を目指し、kickerが得た情報によれば同選手の代理人をキャンプ地によんで交渉する考えを持っていたようだ。ただその代理人が風邪のための延期されているのだが、近いうちに行われることにはなるだろう。
01/13, 05:39
前半戦でまったく出場機会を得られなかったトーマス・プレードル。そのため実戦経験のため、レンタル移籍を模索しているところだ。そして具体的なオファーが1つ届いており、それを検討していることをリンケSDは明かしている。
2部ハイデンハイムは、ポーランド1部レフ・ポズナンから、デニス・トマラをレンタルにて獲得した。カールスルーエ、ホッフェンハイムなどで育成された同選手は、ライプツィヒやリートを経て、同クラブへと移籍していた。
01/12, 23:07
2部ウニオン・ベルリンは火曜、DFデニス・プリチネンコとの契約を、両者合意の下で解消したことを発表した。2017年までの契約を残していた同選手は、昨夏にCSKAモスクワより加入するも、ここまで全く出場機会を得られていなかった。
契約を今夏まで残すセイフン・ギュルセラム。果たして28歳のMFは今冬に動くのか?バーダーCEOは「話し合って状況を確認する」とコメント。シャーフ新監督の起用法をまずは確認してからとの見解を示した。
01/12, 21:27
ナポリが引き続き、クリストフ・クラマーに対して感心を示していることを、会長のアウレリオ氏が明かした。移籍金としては1600万ユーロを用意している模様だが、しかし最近レバークーゼンは、ドイツ代表MFの放出の意思がないことを強調している。
その一方で今夏にレバークーゼンに加入し、ここまで公式戦22試合で19得点をマークしているチチャリート。だが移籍の可能性についても言及しており、「何が起こるかなんて、誰にもわからないことさ」と語った。
01/12, 19:43
バルト・フィネの移籍が迫っている。20歳のノルウェー人FWは練習場に姿をみせておらず、どうやら2部ハイデンハイムとの交渉に応じている模様だ。出場機会を確保できていない同選手との契約は2017年まで。
キャンプ地ドゥバイをあとにしたミヒャエル・ツォルクSD。そのお目当ては、コリンチャンスに所属する18歳マルコルムだ。ウィングと中央でもプレー可能な若手MFは、求める選手像に合致するといえるだろう。
サンタナのシャルケ時代が終わりを迎えた。29歳のブラジル人CBは、ロシアのクバン・クラスノダールへと移籍。2018年までの契約を結んでいる。
01/12, 00:20
今夏まで契約を残すトム・シュタルク。今後については「できることなら」バイエルンへの残留を希望する34歳だが、しかしそれと同時に「もしも興味深いことが訪れれば、それを無視するようなことはしない」とも付け加えた。
ルタ・ベルリンは今冬最初の移籍選手を出すことになりそうだ。マリウス・ゲルスベックの3部ケムニッツへのレンタル移籍が、kickerが得た情報によれば間近にまでせまっている。kickerが得た情報によればレンタル期間は2017年までながら、ヘルタ側に2016年夏の復帰オプションが付けられている模様。
なお契約を今季まで残し、まだクラブ側からのシグナルを受け取っていないアレクサンダー・バウムヨハンだが、長期離脱から復帰したばかりのプレーメイカーは「リラックスしているよ」と語った。
01/11, 22:58
在ダルムシュタットにレンタル移籍しているルカ・カルディローラ。24歳のイタリア人CBの来季はどうなるのか。ブレーメンでマネージャーを務めるアイヒン氏は「私は彼に確信を抱いている。7月から彼はふたたびうちのメンバーに入るよ」と語った。
01/11, 19:00
すでにkickerではお伝えしていたとおり、ブルーノ・ラバディア監督がハンブルクとの契約を延長したことが発表された。49歳の指揮官との契約は、今季いっぱいまでとなっていたのだが、さらに1年間の延長で合意、さらにセザール、トラレス両ACも残留する。
なおバカリー・ジャッタが週末にメディカルチェックを受けていたことも明らかとなった。ガンビアからの17歳の難民である若者は、しかしながらまだハンブルクと契約を締結できる状況にはない。
01/11, 18:06 
ブレーメンは来季に向けての補強をおこなた。ギリシャ代表として2試合の出場経験を持つタノス・ペツォス(24)を獲得。ブンデスでの経験ももつ24歳のボランチの獲得には、ラピド・ウィーンとの契約が今季までのため移籍金は発生せず、2019年までの契約を締結。2011年からレバークーゼンにて育成された同選手は、カイザースラウテルンやフュルトにてプレー。ブンデス54試合に出場したのち、2013年にウィーンへと渡っていた。
01/11, 18:01
3部アウエは、2部カールスルーエよりパスカル・ケプケを獲得した。20歳のFWは今季いっぱいまでレンタルにて加入する。
01/11, 17:18
VfB II mit Sonora im Trainingslagerボカ・ジュニアーズのジョエル・ソノーラが、スペインのキャンプに参加。19歳の米国人は、左もしくは中央の攻撃的ポジションでプレーが可能。
01/11, 16:57
グラードバッハとの契約を今季いっぱいまで残すハルヴァルト・ノルトヴァイト。グラードバッハは延長を希望しているものの、エベールSDは英国に対する脅威も口にした。25歳のボランチは2007から2011年までアーセナルに所属。プレミアは「全てのスカンジナビアの人にとってビッグディール」との見方を示したものの「グラードバッハと延長したくないなんて口にしたこともないよ」とも述べている。
01/11, 05:09
2部FSVフランクフルトは、ジョアン・ウマリがトルコのシバススポルへ移籍することを発表した。レバノン代表MFはここまで、FSVにて2部64試合に出場していた(2得点1アシスト)
先日マンチェスター・シティが5000万ユーロを用意しているとも伝えられたリロイ・サネだが、それ以外にも欧州のトップクラブ、レアル・マドリードやバルセロナも獲得を希望しているようだ。2019年までの契約には例外条項は含まれていないのだが、しかし内容次第では考慮せざるを得ないだろう。
01/11, 01:25
グラードバッハで主力の座を掴みきれていないヨシプ・ドルミッチ。そのため今夏のユーロ2016を睨むスイス代表FWには移籍の噂が浮上。そのうちの1つがハノーファーだ。バーダーSDは「市場が閉まるまでは全ての可能性を残すよ」とだけ述べている。
さらにグラードバッハでは、U23で主力を務めるDFクリストファー・レンツに対して、2部ウニオン・ベルリンからの関心も伝えられている。
MLS移籍の噂が浮上したダンテだが、元ブラジル代表CBはその意思がないことを語った。「僕はヴォルフスブルクに残るよ」昨夏に加入した同選手との契約は2018年まで。
若手DFニコライ・ラップに対して、ブンデス2部からの関心が寄せられている。ホッフェンハイムとの契約を2018年まで残す同選手は、現在は4部に所属する下部チームにてプレー。より高いところで実戦経験を積める場を模索している。
01/10, 03:09
メディカルチェックを無事に済ませ、既報通りシャルケは、2部ニュルンベルクよりアレッサンドロ・シェプフを獲得した。同選手は「とても牛しいよ」とコメント。新天地では背番号21を身につける。
01/10, 02:50
Bremen testet ungarischen Nationalspielerブレーメンは火曜、テスト生としてMFラーショ・クラインハイスラーが参加することを発表した。ハンガリー代表としての出場経験を持つ21歳は、昨季ハンガリーリーグを制し、現在は3位につけるヴィデオトンFCに所属している。
その一方でブレーメンは、エリック・エルシュレーゲルとプロ契約を締結した。20歳のGKとの新たな契約期間は2018年まで。
01/10, 01:44
ヴィリ・エフジーフ(23)が3部キールへとレンタル移籍することになった。2部ニュルンベルクに所属する左利きのMFだが、現在は4部に所属する下部チームにてプレーしており、実質的には1部上のリーグで実戦経験を積むことになる。
01/10, 01:25
グラードバッハで主力の座を掴みきれていないヨシプ・ドルミッチ。そのため今夏のユーロ2016を睨むスイス代表FWには移籍の噂が浮上。そのうちの1つがハノーファーだ。バーダーSDは「市場が閉まるまでは全ての可能性を残すよ」とだけ述べている。
さらにグラードバッハでは、U23で主力を務めるDFクリストファー・レンツに対して、2部ウニオン・ベルリンからの関心も伝えられている。
MLS移籍の噂が浮上したダンテだが、元ブラジル代表CBはその意思がないことを語った。「僕はヴォルフスブルクに残るよ」昨夏に加入した同選手との契約は2018年まで。
若手DFニコライ・ラップに対して、ブンデス2部からの関心が寄せられている。ホッフェンハイムとの契約を2018年まで残す同選手は、現在は4部に所属する下部チームにてプレー。より高いところで実戦経験を積める場を模索している。
01/10, 03:09
メディカルチェックを無事に済ませ、既報通りシャルケは、2部ニュルンベルクよりアレッサンドロ・シェプフを獲得した。同選手は「とても牛しいよ」とコメント。新天地では背番号21を身につける。
01/10, 02:50
Bremen testet ungarischen Nationalspielerブレーメンは火曜、テスト生としてMFラーショ・クラインハイスラーが参加することを発表した。ハンガリー代表としての出場経験を持つ21歳は、昨季ハンガリーリーグを制し、現在は3位につけるヴィデオトンFCに所属している。
その一方でブレーメンは、エリック・エルシュレーゲルとプロ契約を締結した。20歳のGKとの新たな契約期間は2018年まで。
01/10, 01:44
ヴィリ・エフジーフ(23)が3部キールへとレンタル移籍することになった。2部ニュルンベルクに所属する左利きのMFだが、現在は4部に所属する下部チームにてプレーしており、実質的には1部上のリーグで実戦経験を積むことになる。
01/09, 23:51
既報通りバイエルン・ミュンヘンは、ジャンルカ・ガウディーノをスイス1部St.ガレンにレンタルした。元代表選手のマウリシオ・ガウディーノ氏の息子でもあるMFは、2017年まで同クラブにてプレー。なおバイエルンとの契約は、2018年まで残している。
01/09, 23:14
元指揮官クロップ氏率いるリヴァプールからの関心が伝えられたネヴェン・スボティッチだが、トゥヘル監督は同選手を放出する考えがないことを強調した。「構想に入れている」と語った指揮官は、今季はあまり出場機会を得られていないものの、チームにとって重要な選手との見方を示している。
アウグスブルクはアルクマールより、CBジェフリー・ハウウェレーウ(24)を獲得したことを発表した。マネージャーのローゼン氏は「あの若さでアルクマールで主将を務め、国際経験が豊富な選手だ」とコメント。背番号は6、契約期間については、両クラブの取り決めにより明かされていない。
  
01/09, 18:10
フュルト、マルコス獲得
2部フュルトはロニー・マルコスを獲得したことを発表した。22歳の左SBはハンブルクとの契約を2017年まで残していたものの、今季はここまで下部チームでの出場のみにとどまっていた。フュルトとの契約は2018年まで。
kickerが得た情報によれば、リヴァプールが シドニー・サムに関心を示している模様。書類のオファーはないものの、同選手の代理人にはすでに接触があったようだ。シャルケとの契約は2018年まで残されてはいるものの、昨夏にはフランクフルトへの移籍が目前にまで迫ったこともあり、移籍金は特に大きな障害とはならないはずだ。
01/09, 04:18
Augsburg holt AjetiアウグスブルクはFCバーゼルより、スイスのユース代表アルリント・アジェティ(18)を獲得したことを発表した。契約は2020年まで。
01/09, 01:22
2部ニュルンベルクのシュテファン・クッチュケが、3部ディナモ・ドレスデンに1年半のレンタルで加入することが明らかとなった。ミンゲSDは「とてもメンタリティがあり、ポリバレントな選手。定位置争いを激化させてくれるだろう」と期待を込めた。
01/09, 01:12
フロリホン・ベレグが2部FSVフランクフルトとの契約を、両者合意の下で金曜日に解消。4部相当のベルリーナーAKに加入することとなった。今夏に加入したDFだったが、ここまでわずか1試合の出場にとどまっていた。
ボルシア・メンヒェングラードバッハは金曜午後、RBザルツブルクからオーストリア代表マルティン・ヒンターゼーアを獲得したことを発表した。契約は今季までのレンタルとなっているものの、グラードバッハ側には買い取りオプションが付随。その合計金額はおよそ800万ユーロとみられている。マネージャーのエベール氏は「トップタレントを獲得でき、さらにレンタルだが長期的に獲得できるチャンスを得たことをとてもうれしく思う」と喜びを語った。
01/09, 00:19
2部ブラウンシュヴァイクは、マッズ・ディトマー・フヴィルソムを1年半、ノルウェー1部のSKブランにレンタルすることを発表した。今夏に加入した23歳のFWだったが、ここまでリーグ戦わずか5試合の出場にとどまっていた。
01/08, 23:40
ドルトムントIIは2部ビーレフェルトより、マルコ・ホバーを今季かぎりのレンタルで獲得した。20歳のMFとビーレフェルトとの契約は2017年まで。
2部1860ミュンヘンより、FWマリウス・ヴォルフ(20)を獲得したことが正式に発表された。契約期間については「長期」とだけ明かされており、シャーフ監督は「マリウスは大きなポテンシャルをもった選手。力を発揮できれば、早いうちからプラスとなるかもしれない」と期待をこめた。移籍金は約150万ユーロとみられ、契約期間は長期とだけ報告。背番号は21をつける。
01/08, 20:28
ギリシャのメディアは、ハノーファーからのアポストロス・ヴェリオスに対する関心を伝えていたが、ハノーファーのメッケルSDはkickerに対して「選手のことは知っているが、考えにはない」と語った。
01/08, 19:44
Osimhen hat sich offenbar für Wolfsburg entschiedenU17W杯で得点王となり、アーセナルなどが関心を示しているヴィクトール・オシムヘン。アフリカ年間最優秀若手サッカー選手賞を受賞した17歳は、「ヴォルフスブルクにいくことになると思うよ」との考えを示した。
01/08, 17:30
アフリカ年間最優秀サッカー選手賞を受賞したピエル=エメリク・オーバメヤンが残留を宣言した。前半戦ではリーグトップとなる18得点をマークしたFWは「僕はドルトムントに残るよ」とコメント。同選手はドルトムントとの契約を2020年まで延長している。 
01/08, 17:24
ハノーファーIIに所属するルーカス・ウィルトンが、3部アウエのテストを受ける。20歳の左SBとの契約は今季いっぱいまで。
今夏に獲得を目指し、その後レスターでは出場機会の確保に苦しんでいるギョクハン・インテル。シャルケは再度獲得へと乗り出したのだが交渉は長期化。kickerが得た情報によれば獲得を断念した模様だ。
ボルシア・メンヒェングラードバッハは、RBザルツブルクよりマルティン・ヒンターエッガー(23)を獲得することとなった。まずはレンタルにて加入し、契約には買い取りオプションが付けられている。 金曜日にもベレクにて合流予定で、その前にメディカルチェックを受けなくてはならない。
既報通りヤン・キルヒホフのサンダーランド移籍が決まった。冬季キャンプに帯同していなかった同選手は、メディカルチェックを済ませ、2017年までの契約にサイン。 「ここにこれて嬉しいよ。プレミアでプレーすることは1つの夢だった。そのチャンスをつかんだんだ」と喜びを見せた。
01/08, 01:03
2部ニュルンベルクから、アレクさんダー・シェプフが加入することが明らかとなった。オーストリア人MFとの契約は2019年までの3年契約。金曜日には冬季キャンプが行われているオーランドに向かい、メディカルチェックを受けるとのこと。「アレッサンドロはプレーに幅があるMFで、まだまだ伸びしろをもった若者。我々の哲学にマッチしているよ」とマネージャーのヘルト氏は獲得について語った。
メヴリュト・エルディンチが、再び戦いの場をフランスへと戻すことが明らかとなった。今夏に移籍金350万ユーロでサンテティエンヌから加入したトルコ代表は、後半戦はEAギャンガンで戦うことになる。EAギャンガン側の入団発表は金曜の見込み。
ヘルタ・ベルリンは木曜、既報通りバイエルンからジナン・クルトを獲得した。19歳の攻撃的プレーヤーは、さっそくチームメイトらとともに練習を行っている。契約は2019年まで。
01/07, 21:50
Meier verlängert bis 2017既報通りノルベルト・マイアー監督は、2部ビーレフェルトとの契約を2017年まで延長した。同氏は「ビーレフェルトで居心地よく過ごしているし、選手達との取り組みはたのしい。これをやめる理由なんてないよ」と述べている。
すでにお伝えしていた通り、アドナン・ヤヌザイがドルトムントから、マンチェスター・ユナイテッドへと戻ることとなった。今夏に今シーズンいっぱいまでのレンタルで加入していた同選手だが、しかしドルトムントでは思うような出場機会を得られずにいた。
元指揮官ラルフ・ラングニク氏率いる2部ライプツィヒからの関心が伝えられていたフィリップ・オクスだが、ホッフェンハイムと2019年までのプロ契約を締結した。
01/07, 19:37
レバークーゼンが右SB補強を目指しているということ。それはドナティに未来がないということをも意味する。前半戦ではイェドヴァイとヒルベルトの負傷により出場機会を得た同選手は、レバークーゼンとの契約を2017年まで契約を残しているところだ。
01/07, 18:50
Renato Augustoシャルケからの関心も伝えられたレナト・アウグストだが、27歳のブラジル人MFは中国超級への移籍を決意した。コリンチャンスとの契約には移籍金800万ユーロで移籍可能となる例外条項が含まれており、レバークーゼンはこのうちの320万ユーロを手にすることになる。
01/07, 18:23
移籍が間近に迫っているマリウス・ヴォルフについて、ハノーファーのマルティン・バーダーCEOは「スピードとサイズがあり、ゴールに向かう姿勢も良い」と評価。移籍金額は150万ユーロで、2019年までの契約を結ぶとみられている。さらにハノーファーは2014年にストーク・シティへ移籍した、マメ・ディウフにも関心を持っているようだ。最近は個人的な理由によりメンバー外となっているFWだが、バーダー氏は「彼の状況は知っているよ」と語った。
01/07, 09:27 Uhr
Lassas und Popovic - Köln sichert sich zwei TalenteケルンIIは4部相当のハヴェルセからミリスレイ・パポヴィッチ(18)、そしてHIFKヘルシンキからフィネ・ラサス(19)を獲得した。
01/07, 17:11
kickerが得た情報によれば2014年につづき、ヘルタ・ベルリンはグラードバッハのアンドレ・ハーン獲得を検討している模様だ。現在は負傷により長期離脱を余儀なくされているFWは、グラードバッハの激しい定位置争いにさらされてもおり、契約は2018年までながら市場に出る可能性はあるだろう。
アドナン・ヤヌザイがマンチェスター・ユナイテッドで戻ることとなった。半年前にレンタルで加入したベルギー人MFだったが、ドルトムントでは思うような活躍を見せることができていない。これはタイムズ紙が報じたもので、kickerが得た情報によれば事実のようだ。
ユネス・ベルアンダのシャルケへのレンタル移籍が確定した。モロッコ代表MFについて、ブライテンライター監督は「スピードとダイナミズムをもった選手で、いい得点とアシストの率をもっている」と評価している。レンタル期間は今季いっぱいまで。
01/07, 00:45
既にシュトゥットガルトの冬季キャンプに帯同していたケヴィン・グロスクロイツだが、クラブは同選手を獲得したことを正式に発表した。背番号15をつける元ドイツ代表は「新しいチャレンジをとても楽しみにしているよ」と喜びを語っている。27歳のオールラウンダーとの契約期間は2018年までで、移籍金額はガラタサライの発表では217万1443ユーロ61セント。
01/07, 00:27
今夏にフランスのサンテティエンヌからハノーファーに加入するも、思うような活躍を見せられずにいるFWメヴリュト・エルディンチ。伝えられるところによればトルコ代表FWには、そのフランスからリールとバスティアが関心を示している模様で、移籍金350万ユーロで獲得したハノーファーとしては、レンタルでの移籍をはかることが考えれる。
01/07, 18:50
Renato Augustoシャルケからの関心も伝えられたレナト・アウグストだが、27歳のブラジル人MFは中国超級への移籍を決意した。コリンチャンスとの契約には移籍金800万ユーロで移籍可能となる例外条項が含まれており、レバークーゼンはこのうちの320万ユーロを手にすることになる。
01/07, 18:23
移籍が間近に迫っているマリウス・ヴォルフについて、ハノーファーのマルティン・バーダーCEOは「スピードとサイズがあり、ゴールに向かう姿勢も良い」と評価。移籍金額は150万ユーロで、2019年までの契約を結ぶとみられている。
01/07, 09:27 Uhr
Lassas und Popovic - Köln sichert sich zwei TalenteケルンIIは4部相当のハヴェルセからミリスレイ・パポヴィッチ(18)、そしてHIFKヘルシンキからフィネ・ラサス(19)を獲得した。
01/07, 17:11
kickerが得た情報によれば2014年につづき、ヘルタ・ベルリンはグラードバッハのアンドレ・ハーン獲得を検討している模様だ。現在は負傷により長期離脱を余儀なくされているFWは、グラードバッハの激しい定位置争いにさらされてもおり、契約は2018年までながら市場に出る可能性はあるだろう。
アドナン・ヤヌザイがマンチェスター・ユナイテッドで戻ることとなった。半年前にレンタルで加入したベルギー人MFだったが、ドルトムントでは思うような活躍を見せることができていない。これはタイムズ紙が報じたもので、kickerが得た情報によれば事実のようだ。
ユネス・ベルアンダのシャルケへのレンタル移籍が確定した。モロッコ代表MFについて、ブライテンライター監督は「スピードとダイナミズムをもった選手で、いい得点とアシストの率をもっている」と評価している。レンタル期間は今季いっぱいまで。
01/07, 00:45
既にシュトゥットガルトの冬季キャンプに帯同していたケヴィン・グロスクロイツだが、クラブは同選手を獲得したことを正式に発表した。背番号15をつける元ドイツ代表は「新しいチャレンジをとても楽しみにしているよ」と喜びを語っている。27歳のオールラウンダーとの契約期間は2018年までで、移籍金額はガラタサライの発表では217万1443ユーロ61セント。
01/07, 00:27
今夏にフランスのサンテティエンヌからハノーファーに加入するも、思うような活躍を見せられずにいるFWメヴリュト・エルディンチ。伝えられるところによればトルコ代表FWには、そのフランスからリールとバスティアが関心を示している模様で、移籍金350万ユーロで獲得したハノーファーとしては、レンタルでの移籍をはかることが考えれる。
01/06, 22:55
ユリアン・ベルマーが2部ビーレフェルトとの契約を2019年まで延長した。2014年から在籍する同選手は、ここまで2部・3部で公式戦47試合に出場。同選手は「ここでうまく成長できたし、チームとしても成功を収めてきた」と語っている。
先日2部フュルトとの契約解消が伝えられたばかりのドミ・クンベラだが、わずか数日後に移籍先が明らかとなった。2010年から2014年まで在籍したアイントラハト・ブラウンシュヴァイクへと復帰。特に2012/13シーズンでは19得点をマークして、クラブを1部昇格へと導いた。
01/06, 21:52
ロニー・マルコスの2部フュルトへの移籍が迫っている。ハンブルクは22歳の左SBが、そのためにキャンプに帯同しなかったことを明かした。契約を2017年まで残している同選手だが、しかし今季はまだトップチームでの出場機会を得られていない。
今夏にシャルケからの関心も伝えられたフィリップ・コスティッチは「異なるリーグのクラブから問い合わせがある」ことを認めながらも、左ウィングを主戦場とする23歳は「シュトゥットガルトから移籍したいとは思わない。チームの助けとなりたいんだ」と、1部残留に向けて共に戦っていく考えを強調した。
01/06, 20:48
Wolf zu 96? Berater rechnet mit Einigung昨年11月に2部1860ミュンヘンとの契約を2019年まで延長した、FWマリウス・ヴォルフだが、現在はハノーファーからの20歳のレフティに対する関心が伝えられているところだ。同選手の代理人は「クラブ間で交渉が行われています」と認め、合意への期待感を持っていることも明かした。
01/06, 17:51
ヤン・キルヒホフがメディカルチェックを受けるため、サンダーランドへと向かっている。CBとしてもボランチとしてもプレー可能な25歳のディフェンダーは、キャンプには帯同せずにプレミアへの移籍が間近に迫っているところだ。
さらに若手ジャンルカ・ガウディーノもキャンプに帯同しない。同選手の父がスイスメディアに明かしたところでは、St.ガレンへのレンタルに向けて進展が見られているという。バイエルンとガウディーノとの契約は2018年まで。
デンマークU21代表クリスティアン・ペデルセン(21)が、テスト生として冬季キャンプ地ベレクに帯同することとなった。デンマーク2部にてプレーする同選手の獲得には、移籍金62万5千ユーロが必要とみられる。
01/06, 08:32
スカイによればハノーファーは、2部1860ミュンヘンに所属する20歳のFWマリウス・ヴォルフに関心を示している模様だ。なお同選手は2019年まで契約を延長しているのだが、その中に例外条項が含まれているかどうかは定かではない。
カルロス・グルエソに新天地を模索する許可が出された。すでに同選手には2部ウニオン・ベルリンや古巣エクアドルのバルセロナSC、さらにMLSからの関心が伝えられている。
シャルケはモロッコ代表ユネス・ベルアンダのレンタルに迫っている。火曜日にシャルケが伝えたところによれば、25歳のMFは水曜日にキャンプ地オーランドにてメディカルチェックを受け、今季いっぱいまでのレンタルで加入するとのこと。マネージャーのヘルト氏は「検査が滞りなく進み、書類上の問題も全てクリアになれば、ユネス・ベルアンダは今季いっぱいまでレンタルで加入するよ。彼は中央のオフェンシブ、さらにアウトサイドでもプレーが可能だ。スピードとダイナミズムを持ち、良いシュートとアシストの率を持っているよ」とコメント。定位置争いがヒートアップすることとなった。
Mainz nimmt Onisiwo unter Vertragマインツはカリム・オニスウォを獲得した。オーストリア代表経験もある23歳の獲得には移籍金は発生せず、マインツとは2019年までの契約を結んでいる。
01/06, 02:28
DFパトリック・マインカが、ブレーメンIIからドルトムントIIへ移籍することとなった。
ウニオン・ベルリンは昨年までMLSコロンバス・クルーに所属していたエマヌエル・ポガテツを獲得した。32歳の元オーストリア代表CBとは、今季いっぱいまでの契約を結んでおり、成果によって延長のオプションも付けられている。
01/06, 01:10
Werder testet US-Nationalspieler Jordan Morris今度の日曜からブレーメンでは、ジョーダン・モリスがテスト生として参加する。21歳の米国人選手はシアトル・サンダースで育成。すでに米国A代表も経験積みだ。なおマネージャーのアイヒン氏は「近くで見るいいチャンスだよ」とだけ述べている。
01/06, 01:07
Kurt既報通りジナン・クルトのヘルタ・ベルリンへの移籍が迫っている。kickerが得た情報によれば2019年までの契約を結ぶ模様で、移籍金額は数十万ユーロの後半台。ただしバイエルン側には買い戻しオプションが付随されている模様で、明日の水曜にもメディカルチェックを受けサイン、そのまま練習に参加する見込みだ。
01/06, 01:07
FWの更なる補強を模索しているとみられるハノーファーだが、地元紙が伝えたところによれば、かつてドルトムントで活躍したルーカス・バリオスを注視している模様だ。ブラジルのパルメイラスと2017年までの契約を結んでいるベテランFWだが、しかしあまり出場機会を確保できずにいる。
01/06, 17:51
ヤン・キルヒホフがメディカルチェックを受けるため、サンダーランドへと向かっている。CBとしてもボランチとしてもプレー可能な25歳のディフェンダーは、キャンプには帯同せずにプレミアへの移籍が間近に迫っているところだ。
さらに若手ジャンルカ・ガウディーノもキャンプに帯同しない。同選手の父がスイスメディアに明かしたところでは、St.ガレンへのレンタルに向けて進展が見られているという。バイエルンとガウディーノとの契約は2018年まで。
デンマークU21代表クリスティアン・ペデルセン(21)が、テスト生として冬季キャンプ地ベレクに帯同することとなった。デンマーク2部にてプレーする同選手の獲得には、移籍金62万5千ユーロが必要とみられる。
01/06, 08:32
スカイによればハノーファーは、2部1860ミュンヘンに所属する20歳のFWマリウス・ヴォルフに関心を示している模様だ。なお同選手は2019年まで契約を延長しているのだが、その中に例外条項が含まれているかどうかは定かではない。
カルロス・グルエソに新天地を模索する許可が出された。すでに同選手には2部ウニオン・ベルリンや古巣エクアドルのバルセロナSC、さらにMLSからの関心が伝えられている。
シャルケはモロッコ代表ユネス・ベルアンダのレンタルに迫っている。火曜日にシャルケが伝えたところによれば、25歳のMFは水曜日にキャンプ地オーランドにてメディカルチェックを受け、今季いっぱいまでのレンタルで加入するとのこと。マネージャーのヘルト氏は「検査が滞りなく進み、書類上の問題も全てクリアになれば、ユネス・ベルアンダは今季いっぱいまでレンタルで加入するよ。彼は中央のオフェンシブ、さらにアウトサイドでもプレーが可能だ。スピードとダイナミズムを持ち、良いシュートとアシストの率を持っているよ」とコメント。定位置争いがヒートアップすることとなった。
Mainz nimmt Onisiwo unter Vertragマインツはカリム・オニスウォを獲得した。オーストリア代表経験もある23歳の獲得には移籍金は発生せず、マインツとは2019年までの契約を結んでいる。
01/06, 02:28
DFパトリック・マインカが、ブレーメンIIからドルトムントIIへ移籍することとなった。
ウニオン・ベルリンは昨年までMLSコロンバス・クルーに所属していたエマヌエル・ポガテツを獲得した。32歳の元オーストリア代表CBとは、今季いっぱいまでの契約を結んでおり、成果によって延長のオプションも付けられている。
01/06, 01:10
Werder testet US-Nationalspieler Jordan Morris今度の日曜からブレーメンでは、ジョーダン・モリスがテスト生として参加する。21歳の米国人選手はシアトル・サンダースで育成。すでに米国A代表も経験積みだ。なおマネージャーのアイヒン氏は「近くで見るいいチャンスだよ」とだけ述べている。
01/06, 01:07
Kurt既報通りジナン・クルトのヘルタ・ベルリンへの移籍が迫っている。kickerが得た情報によれば2019年までの契約を結ぶ模様で、移籍金額は数十万ユーロの後半台。ただしバイエルン側には買い戻しオプションが付随されている模様で、明日の水曜にもメディカルチェックを受けサイン、そのまま練習に参加する見込みだ。
01/06, 01:07
FWの更なる補強を模索しているとみられるハノーファーだが、地元紙が伝えたところによれば、かつてドルトムントで活躍したルーカス・バリオスを注視している模様だ。ブラジルのパルメイラスと2017年までの契約を結んでいるベテランFWだが、しかしあまり出場機会を確保できずにいる。
01/05, 22:28
Feka unterschrieb Profivertrag beim HSVダニエル・フェカがハンブルクとプロ契約を締結した。2009年から在籍する18歳のMFは「ハンブルクにこのまま残れることをとても嬉しくおもうよ」と喜びを語っている。
3部ケムニッツは2部ハイデンハイムより、ダニエル・フラーンを獲得した。28歳のFWとの契約期間は2019年まで。
2013年夏にブラジルからホッフェンハイムへと渡り、翌夏からレヒア・ダンチヒにレンタル移籍していたブルーノ・ナザリオ。しかしそこでも思うような結果は得られておらず、今冬にも母国ブラジルのクルゼイロECにレンタル移籍する模様だ。なお19歳のMFとの契約は2017年まで。
01/05, 19:37
2部ビーレフェルトのアミン・アッファネが退団することが明らかとなった。昨夏にヴォルフスブルクIIより加入した21歳のスウェーデン人だったが、母国スウェーデンのAIKソルナに移籍。12月よりホームシックを理由に、クラブに退団を申し出ていた。
01/05, 19:16
既に年末にミランのガリアニ氏が述べていた通り、ケヴィン=プリンス・ボアテングのACミラン復帰が決まった。2013年8月に移籍金1000万ユーロで加入した同選手だが、既に契約を解消。ミランとは今季いっぱいまでの契約を結んでいる。 
01/05, 17:35
詳細がクリアとなり、既報通りケルンは左SBフィリプ・ムラデノヴィッチを獲得した。契約期間は2019年まで。マネージャーのシュマッケ氏は「これでチームが出来上がった」と胸を張っている。CLも経験した24歳の移籍金額は140万ユーロ。
01/05, 17:02
ニキ・シムリングの古巣ブルッヘ復帰が迫っている。30歳のデンマーク人MFについて、マネージャーのハイデル氏は「移籍のタイミングにある」との見方をしめした。
さらにトドル・ネデレフも移籍の流れにある。ブンデス2部や海外から関心が寄せられている22歳だが、ハイデル氏はあくまで「空気の入れ替え」が必要との見方を示しており、こちらは半年間のレンタルを目指しているところだ。
その一方でマインツは、オーストリア代表デビューを果たしたばかりのカリム・オニシウォに関心を示している。23歳の若手はウィングでプレー可能で、現在はフリーのため移籍金は発生しない。
シャルケと既に移籍で合意に達しているアレッサンドロ・シェプフ。2部ニュルンベルクは移籍金500万ユーロの提示に首を縦に降らなかったが、ヴァイラー監督は「彼は今冬に移籍すると考えている」と明かした。
01/05, 00:22
既報通りシュトゥットガルトは、ディナモ・キエフからウクライナ代表FWアルテム・クラヴェッツ(26)を獲得した。500万ユーロの買い取りオプションつきで今季いっぱいまでのレンタル(レンタル料50万ユーロ)で加入する。同選手は「自分の役割をこなして、チームの成功に貢献したい」と意気込みを述べた。
01/04, 23:08
数ヶ月にわたって続くティモ・ホルン(22:ケルン)のリヴァプール移籍の噂だが、リヴァプールのクロップ監督はこれに対して「ないよ」と、テル=シュテーゲン(23:バルセロナ)も含め明確に否定した。
01/04, 22:56
フリー
これまで示唆されていた通り、2部フュルトはドミ・クンベラとの契約を昨年いっぱいで解消したことを明かした。SNSでも問題となっていたベテランFWだが、理由についてフュルト側は「両者ともに現状に不満を感じていた」としている
01/04, 22:53
バイエルンの若手ジナン・クルト獲得を目指しているヘルタ・ベルリン。すでに19歳のレフティと合意に至っており、あとはバイエルンとの合意を残すところだが、その一方でもしも移籍が成立した場合、ロイ・ベーレンスの立場さらに苦しいものとなる。9月から出場機会を得られていない28歳のオランダ人MFだが、すでに同選手の代理人が「状況には不満です。彼の年齢では出場機会が必要」との見方を示しており、今冬で移籍する可能性はあるだろう。
kickerが得た情報によればマインツは、契約を今季まで残すフィリップ・クレメントと、延長間近に迫っている模様だ。23歳の攻撃的MFはここまでブンデス2試合に出場、2019年までの契約が提示されている。
01/04, 21:20
ハンブルクでの定位置争いに意欲をみせるゾルタン・シュティーバーだが、今冬の売却候補として名前が挙がっているところだ。ハンブルクとしては2017年まで契約を残す同選手のサラリーの削減を、シュティーバー自身としては今夏のユーロ2016出場へのアピールをしたいという思惑がある。
  
01/04, 20:33
Für sieben Millionen? Belhanda jetzt im Schalke-Fokus
コリンチャンスのレナート・アウグスト獲得を目指すも、高額のサラリーにより獲得を見合わせたシャルケ04。現在はディナモ・キエフに所属するユネス・ベルアンダ(25)を注視しているところだ。しかし同クラブとの契約を2018年まで残すモロッコ人のCMFの獲得には、移籍金700万ユーロが必要とみられる。
01/04, 18:55
アダム・シャライがホッフェンハイムからハノーファーへ移籍することが確定した。ホッフェンハイムとの契約を2018年まで残しているハンガリー人FWは、まずはレンタル料60万ユーロで今季いっぱいまで加入。しかし契約には、買い取りオプションも付随している。シャルケから2014年にホッフェンハイムに加入した28歳のFWは、今夏に開催されるユーロ2016出場に向けて代表にアピールしたいと考えているところだ。
01/04, 18:51
今夏にハンブルクへのレンタル移籍間近にせまりながらも、ハンブルクがハント獲得に成功したことによりドタキャンとなっていたマルヴィン・フリードリヒ。今冬での再トライも指摘されていたのだが、しかし先日のアイハンのフランクフルトへのレンタルにより、シャルケにはその余裕がなくなっている模様だ。
ナイジェリアのメディアが伝えたところによれば、U17W杯得点王ヴィクトール・オシムヘンがすでに、両親とともにヴォルフスブルクを訪れていたようだ。同選手にはアーセナルのほか、多くの関心が寄せられている。
01/04, 18:16
トマシュ・ペクハルトの移籍が迫っている。リンケSDはkickerに対して「彼に関しては変化を考えている」ことを明かした。契約は2017年まで残っているが、出場機会の少なさから26歳のFWは移籍を希望している。
01/04, 17:03
Bayern mit Sunderland wegen Kirchhoff einig あとは詳細を詰めるのみとなった。CBとしてもボランチとしてもプレー可能なヤン・キルヒホフ(25)は、バイエルンとの契約を今季まで残しており、役割を得られていないことからサンダーランドへと移籍する。移籍金額は約100万ユーロで、契約期間は2018年までとなる模様。
シュトゥットガルトは間もなくして、新たに2選手を獲得することになりそうだ。アルテム・クラヴェッツとケヴィン・グロスクロイツ。両選手とも既にシュトゥットガルトにてメディカルチェックを受けているところだ。マネージャーのドゥット氏は「グロスクロイツの移籍はまだ決まっていない。クラブ間でまだなんだ。近く合意に至ることを願っている」とコメント。いっぽうのクラヴェッツに関しては「ディナモ・キエフとはまだ書類上の問題を残しているのだが、選手とはもう合意しているよ。彼のクオリティはウクライナ国内だけでなく、チャンピオンズリーグでも証明済みだ」と述べている。
半年間のレンタル期間が年末に終了。マルメFFとの契約が切れ、1月4日の練習初日から参加する。
 01/03, 22:51
Schöpf
2部ニュルンベルクは、アンドレアス・シェプフへの500万ユーロとみられるシャルケのオファーに断りを入れた。21歳のMFは2014年夏にバイエルンのユースより加入、今季19試合で6得点を挙げるなど主力として活躍を見せている。
Szalai kurz vor einem Wechsel zu 96今季後半戦からは、アダム・シャライはホッフェンハイムではなく、465km離れたハノーファーで迎えることになる。同選手は日曜にもハノーファー入りし、月曜日のメディカルチェックを受けて契約にサインを済ませる見込みだ。レンタル料は約60万ユーロで期間は今季いっぱいまで、さらに400万ユーロの買い取りオプションも有している模様。
01/03, 20:17
3部シュトゥットがルター・キッカースは、2部ウニオン・ベルリンからバイラム・ネビーヒを獲得した。27歳のFWは2014年に2アウグスブルクから移籍、9試合に出場したものの、今季はトップチームで出場機会を得られていなかった。
01/03, 20:15
Schnappt sich der VfB Großkreutz?トルコのメディアが報じたところによれば、シュトゥットガルトはケヴィン・グロスクロイツの獲得に迫っているという。今夏にドルトムントからガラタサライへと移籍した27歳の元ドイツ代表だが、ホームシックで苦しんでいたことが伝えられ、すでに移籍について取りざたされていた。
01/03, 20:05
Ayhan schließt sich der Eintracht anシャルケはアイントラハト・フランクフルトへ、カーン・アイハンを今季いっぱいまでのレンタルにて移籍することを発表した。買い取りオプション付き。フランクフルトのヒュブナーSDは「CBを得意としているが、守備的ポジションならば複数でプレーが可能だ。若く伸び代があり、ブンデスでも国際大会でも通用するところをすでに見せている」とコメント。アイハンは「特別な瞬間だ。初の移籍なのでね」と述べ、新天地でのこれからの半年に向けての意気込みを見せている。
その一方でシャルケが、昨夏に獲得間近に迫っていたギョクハン・インレルについては、残留を決めたレスターで役割を得られておらず、スイスメディアに対して同選手は「移籍をどうしてもしたいというわけではないけど、でも可能性は確かにある」と述べた。
01/02, 18:45
Renato Augustoシャルケからの関心が伝えられ、自身も「欧州復帰は想像できる。特にドイツでは、まだレバークーゼンに友人がいるんでね」と語っていたレナート・アウグスト。しかしシャルケでマネージャーを務めるヘルト氏は、ビルト紙に対して「サラリーの要求が高すぎたこと」により獲得を見合わせたことを明かした。