Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月13日

DFLがブンデスのクラブに「提案」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

bayern800-1455269732


ホッフェンハイムとダルムシュタットを除くブンデス16クラブとの会合の中で、DFLの役員でありシャルケで会長を務めるペータース氏は、16ページにわたるリフォームプランを提示したとビルト紙が報じている。


その中の1つは、TV放映権料の分配方式のみなおしであり、現在の20%を2部に分配するという方式から2017/18シーズン実施に向け、1億4200万ユーロの固定もしくはフレキシブルな形にして最低15%へと引き下げることを提案している模様。


さらにDFBポカールにおいて、ブンデス1部、そして欧州リーグ出場クラブはあとから登場することもアイデアに。既存のシステムを2018/19シーズンまで維持するとしていることからそれ以降ということになるが、これによりアマチュアクラブがバイエルンやドルトムントとのビッグマッチの実現が困難になる一方で、より多くのアマチュアチームが大会に参加できるというメリットもある。


加えて提案の中には、DFLのなかに財務に関する顧問機関の設置もあるようだ。


なおDFL側は、あくまで今回のことについて「意見交換」が目的だとしている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker