ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年02月15日

シュレーダー氏、マインツからの関心を認める

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Werder Bremen v FC Schalke 04 - Bundesliga


マインツでマネージャーを務めるクリスチャン・ハイデル氏の後任として名前が浮上したルーヴェン・シュレーダーSDだが、ブレーメンでマネージャーを務めるトーマス・アイヒン氏は「ルーヴェンは今日、マインツの希望リストの最上位にいることを伝えてきた」ことを明かした。


ただし「まずはハイデル氏がシャルケからのオファーを受け入れてからだ。まだマインツでは役員会による話し合いが行われておらず、シャルケ移籍がはっきりとしていないんだよ」とともコメント。


一方で、ブレーメンが同氏の移籍に応じるかについては、アイヒン氏は明言を避けたが、しかし移籍に障害は設けずに移籍金もあまり多くのものを得られない模様。


クラブ側としてはシュレーダー氏の移籍に備え、U23でSDを務めるティム・シュタイッテン氏や、ビデオ分析担当のペア・イェーケル氏らチーム内で穴埋めを図るプランのようだ。


スクリプニク監督「ジロボジに続いて欲しい」


ホッフェンハイム戦でも、得点をあげるなど期待に応える活躍をみせたCBパピー・ジロボジ。新戦力の活躍にスクリプニク監督は「力強いプレーをみせたね」と目を細め、守備陣に対しても「本当にうまくやれていた」と賞賛。さらにヤタバレら他の新戦力に対しても「ほかの選手もうまくいって、チームの助けになってくれるといいね」と奮起を期待した。


なお今夏の獲得が噂されているオジェニ・オナジが、この試合を観戦していたとも伝えられたが、アイヒン氏は「それは知らないな」との述べている。


  • ブンデスリーガ・各チーム情報