Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月02日

ヘルト氏「フランクフルトと話し合う用意がある」

Bundesliga
1. Bundesliga
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

800-1456833123

来季から自身の後任として、マインツよりクリスチャン・ハイデル氏の就任が決まった、シャルケのマネージャーのホルスト・ヘルト氏。


フランクフルトの地元ヘッセン州のTV番組に出演した同氏は「過去にここでは本当にいいシーズンを過ごしたんだ。もしもフランクフルトがシグナルを送るときがあれば、話し合いを行うことになるだろう。ただ特にこれといったシグナルは、まだ受け取っているわけではないがね。」と語った。


ブンデス1部通算359試合に出場(36得点)し、ドイツ代表としてプレーした経験もある元MFは、かつてフランクフルトで64試合に出場。2シーズンの間で9得点19アシストをマークしている。


ヘルト氏については、同じく今季限りで退任し、自身もまたシャルケでマネージャーを務めた経験を持つヘリベルト・ブルーフハーゲン会長も、高く評価しているところだ。


なおフランクフルトは現在、残留争いの真っ只中にあるが、ヘルト氏は批判を浴びているフェー監督が「確実にうまくやってくれるだろう」との見方を示した。


両者はかつてシュトゥットガルトにて、リーグ優勝を成し遂げた経験を持つ。

 


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker