Kicker

ドイツ最大のサッカー専門誌 - kicker日本語版

2016年03月03日

ライセンス取得と1部残留に取り組む史上最年少監督

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Dortmund Trainer Julian Nagelsmann TSG 1899 Hoffenheim und Alexander Rosen Direktor Profifussball

自動降格圏内となる17位からの脱出をはかりたいユリアン・ナーゲルスマン監督。だがブンデス史上最年少監督は、まだ監督ライセンスを取得しているところであり、水曜日に試合当日には心理学とスポーツ医学についての講義も控えている。


だがナーゲルスマン監督は「困難な時期に掴んだ成功こそ、より輝きを増すものだ」と、両立へ意気込みを見せた。


なお先日はドルトムントを相手に善戦を見せるも、タックルを仕掛けたセバスチャン・ルディが意図的なファウルにより退場となり、DFBより3試合の出場停止処分が言い渡される事態となったが、プレーに対する影響のついては「タックル禁止令なんて出さないよ」と指揮官。


なお今節は膝の問題によりタリク・エルユヌシが欠場するほか、最近では中盤で存在感をみせていたトビアス・シュトローブルも同じく膝の問題により、今節の出場が疑問視されている。


監督とマネージャーの年齢
ホッフェンハイム :ナーゲルスマン(28)/ローゼン(36)
グラードバッハ: シューベルト(44)/エベール(42)
ヘルタ・ベルリン: ダルダイ(39)/プレーツ(48)
シャルケ: ブライテンライター(42)/ヘルト(46)
アウグスブルク: ヴァインツィール(41)/ロイター(49)
バイエルン: グアルディオラ(45)/ザマー(48)
インゴルシュタット: ハーゼンヒュットル(48)/リンケ(46)
ドルトムント: トゥヘル(42)/ツォルク(53)
シュトゥットガルト: クラムニー(44)/ドゥット(51)
ブレーメン スクリプニク:(46)/アイヒン(49)
ハンブルク ラバディア:(50)/クネーベル(49)
ケルン:シュテーガー(49)/シュマッケ(51)
マインツ: シュミット(48)/ハイデル(53)
ダルムシュタット: シュスター(48)/フリッチュ(54)
ハノーファー: シャーフ(54)/バーダー(48)
レバークーゼン: シュミット(48)/フェラー(55)
ヴォルフスブルク: ヘッキング(51)/アロフス(59)
フランクフルト: フェー(55)/ヒュブナー(55)


  • ブンデスリーガ・各チーム情報

  • Kicker